藤井わさび園(西伊豆)のアクセスと通販で取り寄せが可能保存方法は?


人生の楽園 夫婦の夢 わさび園~静岡・西伊豆町

2019年7月6日(土)  18時00分~18時30分 テレビ朝日系列

藤井幸光さん(51歳)と妻の千代美さん(51歳)が出演します。

静岡県西伊豆町が舞台。海と山が織りなす自然が美しいこの地で、夢を叶えてワサビ農家となった藤井幸光さん(51歳)と妻の千代美さん(51歳)が主人公。

ワサビは大きく分けて2つの栽培方法があります。一つは清涼な水の流れる浅瀬で栽培する「水ワサビ(沢ワサビ)」と普通の野菜と同じように土で育てる「畑ワサビ(丘ワサビ)」です。 藤井さんの畑はおそらく水ワサビでしょうね。

スポンサーリンク

 

静岡県下田市出身の藤井幸光さんは高校3年生の時同級生でした。千代美さんと交際を始め22歳で結婚。千代美さんの実家のある西伊豆町で暮らし、2人の息子を育てました。

充実した生活を送っていましたが、幸光さんが自動車販売会社から飲料メーカーに転職すると、20年もの間、転勤生活が続くことに。

希望が叶い、西伊豆町に戻ったのが5年前。すると、友人が栽培していたワサビに興味を持つようになります。「ワサビ農家になりたい!」という思いを強めていった藤井幸光さん。

最初は反対だった千代美さんとじっくり話し合い、2人で挑戦することにしました。

この時に出会ったのが、20年近く放置されていたワサビ田。崖は崩れ、荒れ果てた土地でしたが、ワサビ田に注ぐ水の良さに惹かれました。

幸光さんは会社に勤めながら、出勤前と帰宅後、千代美さんとワサビ田を整備。そして2016年、念願だったワサビの初収穫を迎えることができました。

「涙が出た。食べてみて“これだ!”と」。そう確信したご夫婦は、2018年4月に『藤井わさび園』としてスタート。そして今年4月、幸光さんが早期退職し、夫婦でワサビ農家となりました。

ワサビは収穫までにおよそ1年かかります。「1年の間にどれだけ愛情をかけて育てたかで、ワサビの出来が違う」と嬉しそうに話す幸光さん。辛みの中に甘みが感じられる美味しいワサビを育てるために、夫婦で日々ワサビ田に足を運んでいます。

刺し身や和食の“名脇役”として食べられているワサビですが、千代美さんはワサビ味噌や二杯酢漬けなどの加工品も手掛けています。「主人の夢に乗って、それが私の夢になった」と話す千代美さんは、幸光さんの心強い味方です。

「美味しいワサビを作りたい、ワサビで地元を元気にしたい」と、新たな一歩を踏み出した藤井幸光さんと千代美さん。ご夫婦の奮闘ぶりと、応援してくれている地域の方々との交流を紹介します。

スポンサーリンク

藤井わさび園の通販

本わさびの通販を行っています。

本わさび500g

Sサイズ 6400円

Mサイズ 7200円

Lサイズ 8000円

 

藤井わさび園ふるさと納税

藤井わさび園のアクセス

所在地: 〒410-3502 静岡県賀茂郡静岡県 西伊豆町安良里549-3

電話: 090-4422-1463

生わさびの保存方法

■冷蔵保存
1ヶ月程度で使い切る場合は湿らせたキッチンペーパーで
わさびを包み保存袋にいれる。

空気を抜いたら冷凍保存する。保存後は出来るだけ早めにお召し上がりください。

■冷凍保存
小分けにして冷凍保存すると3ヶ月ほど保存可能。
わさびをすべて摩り下ろしラップに乗せたら、冷凍しやすいよううすく伸ばし冷凍。
食べるときは使う分だけ割って利用して下さい。

 

スポンサーリンク

静岡水わさびの伝統栽培が世界に認められました

平成30年3月9日に、国連食糧農業機関(FAO)から「静岡水わさびの伝統栽培」が世界農業遺産に認定されました。豊かな湧水と「畳石式」のわさび田による栽培で、高品質な水わさび生産の多くを伊豆地域が担っています。

 

西伊豆山葵生産組合

わさび栽培発祥の地である静岡県ですが、後継者不足で廃業した農家も少なくありません。西伊豆町では、世代交代ができた農家と県外からの移住者とが協力し合いながら地場産業を支えています。伊豆の深山の清流で育てた本わさびを、ふるさと納税をしていただいた皆様に感謝を込めてお届けします。

スポンサーリンク

関連記事

弘兼信哉(山田錦農家)の今現在やUターン!酒米と食用米の違いは?

飯島茶寮(蔵カフェ)の場所やメニューは?ガレットが名物料理

中園ミホの経歴や結婚と年収!元占い師って本当?主な脚本作品は

政所(農家民宿)の場所や宿泊料金やアクセス!「めはり寿司」作り体験がしたい

NO IMAGE

「えばこGOHAN」(カフェ:鳥取市河原町)の口コミ!駐車場や営業時間は?

岸本圭司(吉備中央町)「ケイケイファーム」の場所やぶどう品種は?