小島亜伊(七宝作家)の経歴や作品通販サイトの紹介【LIFE夢のカタチ】 

LIFE~夢のカタチ~ 七宝焼作家…「クラフトフェアまつもと」新作で挑戦

2019年6月15日(土)  11時00分~11時30分

七宝作家の小島亜伊さんは大阪を拠点に、伝統工芸の七宝焼で個性的なアクセサリーを作っています。そして現代の暮らしに寄り添う新しい七宝焼を提案しています。

今回、1,000組を超える応募の中から審査を通過した作家のみが出展できる全国屈指のイベント、長野県松本市で開催される「クラフトフェアまつもと」への参加が決定。

小島さんも、これまでにない作品にしたいと、七宝焼の腕時計に挑戦します。七宝焼の文字盤を作るだけでなく、組み立ても自分の手でやりたいと、試作を重ねる毎日が続きます。

一体、どんな作品が生まれるのでしょうか?

 

七宝焼は金属にガラス質の釉薬をつけ、高温で焼き上げる工芸品。七宝焼の伝統的な作品の多くは色を混ぜることなく、絵や模様がはっきりと緻密に描かれます。

小島亜伊さんの技法はあえて色を重ねて豊かなグラデーションを出すという独自の技法で、数々の作品を生み出しています。そこに彼女ならではのオリジナリティーが。

小さい頃から図工が大好きでモノづくりを仕事にしたいと芸術大学へ進み、七宝作家という道を選んだ小島亜伊さん。七宝焼を身近に感じてもらいたいと、積極的にクラフトイベントに参加、簡単なワークショップを行うこともあります。

小島亜依の経歴

小島 亜伊:(こじま あい)
職業:七宝作家
学歴:

神戸芸術工科大学 先端芸術学部
現代クラフト専攻 メタル&ジュエリー 卒業

小島亜依さんの通販サイト

Creemaをみる

 

[ad#ad-1]

小島亜依の工房

大阪は皆さんのイメージ通りいつも賑やかで活気のある街です。
場所は明らかにされていおませんが、小島亜依さんの発言中こういうくだりが。

工房がある街から少し行くと
千林という下町情緒が今も続く大好きな商店街があります。

で、大阪千林商店街の近くに工房があると言っています。

 

私が住んでいる街、大阪は皆さんのイメージ通りいつも賑やかで活気のある街です。
その中でも、私の工房がある街から少し行くと
千林という下町情緒が今も続く大好きな商店街があります。
戦後焼けなかった長屋や、3代続くお店、銭湯、
昔の良きものが今もそこらじゅうにちらばり、
人と人とのふれあいがとても温かい街。

商店街を活性化させる為のプロジェクトにも参加させて頂き、
私の七宝でさらに千林商店街の魅力を知ってもらえたらと
2年前からワークショップも毎年開催しています。
遠方は名古屋からご参加頂いたり、
今後も私が出来るこの街との繋がり方をしていきたいと思っています。

私は人が好きなので、工房にこもってひたすら作るタイプではなく、
人との繋がりがあるから作れるのだと思います。

商店街とコラボレーションしたものもあり、
街の人の声をダイレクトに聞いて形にする、
1人では出来ないことも体験させて頂きました。
ただ好きで、もっといろんな方に来て頂きたい思いで
千林商店街マップを自費で作ったり、
完全なライフワークの1つ になっています。

 

[ad#ad-1]

小島亜依さんの作品のこだわり

サインなど見なくても、一目見て小島亜依が作ったものとわかるように、作品の中に3つの要素を意識しています。
①ツヤを消したマットな質感
②ひとつぶ焼きこんでいる銀のしゃかだま
③白や黒で描くてんてん模様
今後追加したいこだわりは、小島亜依らしい(形)です。

小島亜依の工房のお知らせ

【インスタグラム】
ai_ _kojima

《今後のイベント情報》
★2019年6月30(日)7月1日(月)
10:00-17:00
七宝と帽子の二人展
大阪/千林商店街内ふれあい館
大阪市旭区森小路2丁目7番15
06-6951-2647

★2019年8月11日(日)
山の日ワークショップ
千林商店街にて
詳細はホームページにて公開

関連記事

NO IMAGE

米山勝弘が「豪憲はなぜ殺されたのか」を書いた理由と警察捜査

加納ひろみ(かのうひろみ)の会社名や経歴は着ぐるみの代表作や小売は?

ドクター中松の自宅場所はどこ?30億豪邸に住めたわけはIBMのおかげ?

押野敬子(革工房Rim)の場所や価格手縫いにこだわりの製品を販売

小暮剛(出張料理人)の経歴や渡航回数や国数は!料理の口コミなど

牧野雄太は和食orフレンチ?経歴がすごい!年齢や修行先は【得する人損する人】