中澤希水(書道家)の経歴は?書道教室や作品展も熊谷真美と年の差婚


徹子の部屋

月曜~金曜ひる12:00~
熊谷真実&中澤希水 夫妻が出演
私達の身の回りあまり縁のない業種かもしれないのです。
子どもの頃書道を習った人は、少しは馴染みがあるかもしれない。
いまマスコミで取り上げられている書道家はおそらく一般の人に書道教室で教えるような人ではなく、作品展を開くようなタイプの書道家です。

書道家にも2種類あって、中澤希水さんもそちらのタイプかなって勝手に考えているのです。
中澤さんが有名になったのは熊谷真実と結婚した相手としてです。
でも調べてみると書道教室も開いていましたね。

スポンサーリンク

 

熊谷真美は年の差婚

7年前に18歳差の結婚で世間を驚かせた女優の熊谷真実(59歳)と書道家の中澤希水(41歳)です。

結婚当初はお互いの生活リズムが合わず衝突することもあったというが、今は円満そのもの。熊谷が舞台巡業で留守にするときは、毎日のようにテレビ電話で連絡を取り合っているという。

しかし、実は今だからこそ言える「離婚の危機」があったのだとか。そのあたり今日の徹子の部屋で聞けるのでしょうか?また書道家なので中澤希水さんが書いた新元号『令和』が披露されるかも。

出会いは熊谷真美が書道教室に行っていて、その先生。
カルチャーセンターの写真を見て、こんな若い先生がいるんだと思って入会したら、あらま素敵だったのだ。

まさか18歳も年下なんて思わなかった。落ち着いて見える。
4年くらいはお友達。先生と生徒の関係だったのだが・・・

彼が彼女と別れたことをツイッターでつぶやいていたのをたまたまタイムラインで見て「だったらご飯行こうよ」みたいな感じで一応声はかけたらしい。

自分から誘うのも恥ずかしいと思っていた矢先に「今 友達3人とカラオケやってますけど いらっしゃいませんか?」

中澤希水は稽古だったので、ジャージのまま来たらしい。その時の彼が書道教室で見る中澤希水と全然違った。

歌は上手い、面白い。静かな先生だと思っていたが、イメージがガラッと変わってキュンとなった。
そう、どんな時も女性はギャップにひどく弱いものなのです。

スポンサーリンク

中澤希水の経歴

昭和53年1月6日生まれ(41歳)

静岡県浜松市出身
大東文化大学文学部中国文学科卒業
師・成瀬映山(文化功労者、日展参事)
暢玄書道会主幹
ATELIER 無礙(アトリエムゲ)代表
謙慎書道会評議員

書道家として生きていくのを決意したのは、大学入試の頃です。
大東文化大学で書を学ぶというのが一番の優れた環境だったし、親が2人とも大東文化大学を出ているということもあって、大東文化大学の文学部を目指すことになったらしい。

スポンサーリンク

中澤希水書道教室

現在東京と京都で書道教室を行う他、通信教室や不定期でワークショップも開催しています。

東京教室(恵比寿)

お稽古は月二回で10000円+年会費が10000円
合計130000円になります。お稽古ごとでは少し高いかなという感じもありますが、有名書道家なのでしょうがないか?

■東京 恵比寿教室

●体験レッスン受付可能。(参加費 3000円、持ち物無し)
お稽古は一人一人に目が行き届くよう、定員8名の少人数制の為、予約制をとっています。

【お稽古日】

4月4・5・6・18・19・20日

5月8・9・10・23・24・25日

6月1・6・7・20・21・22日

月2回

隔週 木・金・土曜日 の下記時間帯から選択

予約制となります。

《木曜日》

・13:30~15:00・19:00〜20:30

《金曜日 》

・13:30~15:00・15:30〜17:00

《土曜日 》

・13:30~15:00・15:30〜17:00

【月 謝】

[一般]

・入会金 10000円+税 (初回のみ)

・月 謝 10000円+税

*学生料金有り

【年会費】

10000円+税(年度始めのみ)

◇お稽古は月2回となります。

◇硯・文鎮・下敷は用意しております。

◇手本・資料代は受講料に含みます。

◇稽古場は恵比寿駅から徒歩6分です。お申し込み頂いた際に場所詳細を知らせてもらえます。

◇駐車場、駐輪場はありませんので公共の場所にお願いします。

 

■京都 四条河原町教室

美文字習得の為の基本をしっかりと踏まえた筆ペン講座です。筆を永らく持っていない初心者の方も大歓迎です。慌しい日常を忘れ、心が少しでも豊かになるきっかけになればと思います。用具もこちらで全て用意致します。手ぶらで気軽にご参加ください。

◉月1回 日曜・月曜

◉13:30〜15:00

◉予約制 定員12名

◉参加費 5000円(税込・事前振込)

*用具・手本代込み

〓 4月 21・22日 〓

– 名前を美しく書こう-

・実用に特化した筆ペンを用いて、今ある個性を活かしながら美しい名前を書く為のコツや姿勢、バランスを学びます。

*過去に参加経験がある方は行書や草書にも挑戦しましよう。

○場所○

Bijuu B1階 ギャラリー

京都市下京区木屋町通四条下ル船頭町194 村上重ビル B1階

河原町駅から徒歩1分

祇園四条駅から徒歩4分

075-353-0802

スポンサーリンク

■通信講座

 

遠くて通えない方、日程の都合が付かない方の為、郵送による通信添削指導を行っています

・入会金 10000円+税 (初回のみ)

・通信指導料 7000円+税(書研誌代込) 送料別途

月二回、恵比寿教室の稽古日に到着するように送付願います。

 

■ワークショップ

ワークショップも受付中です。

【 書道ワークショップ(東京・京都) 】

◉京都 ワコールスタディーホール◉

4月23日(火) 19時〜21時

参加費 7560円

– 新元号を書こう-
今話題の新元号 『令和』

・4月のお題は4月1日に発表された「新元号令和」。古典に触れながら思い思いの表現で、全紙サイズという畳一枚ほどの大きな紙にしたためます。

いづれもどなたでも気軽に手ぶらで参加可能だそうです。

 

■中澤希水作品展■

『中澤希水 近作展』
4月8日(月)~13日(土)10:00~16:00
※10日(水)は定休日
場所:うおがし銘茶 築地新店
茶の実倶楽部 5階ギャラリー

スポンサーリンク

関連記事

茂木陽一(大物釣り師)の収入は?趣味で離婚!店の場所やアクセスは?

逢澤志穂の経歴や今現在は農業をしている?出演番組は踊るさんま御殿

伊藤素子(三和銀行オンライン詐欺)の事件のあらまし貢いだ相手は南敏之!

井上尚弥の父真吾が座間市アパートを経営!事故物件の経営は辞めず

福島香織(ジャーナリスト)の中国通は経歴にある画像や今の活動は

杉浦稔大投手のプロフィールや一軍成績や評価は!挙式や披露宴は?