定額配信音楽サービス料金エイベックスのAWAのサービスとは!

定額音楽配信サービス料金

今後日本では、「アップルミュージック」の

参入により、サービスはUSEN

エイベックス、LINE,と競争も

激化するもようです。

 

 

今音楽ファンの間で話題となっている

定額音楽配信サービスを料金の面から

比較したいと思います。

 

定額音楽配信サービス料金比較

 

第一回としてAWA(アワ)を取り上げます。

 

当初無料期間3か月が終われば

サービス利用開始から3カ月間をお試し期間として、

無料で利用可能。同期間終了後の利用プランとして、

「Lite Plan(税込み月額360円」 と

「Premium Plan(同月額1080円」を用意する。

AWAの利用規約では

  • 1. 本サービスは無料プランと有料プランで構成されます。

  • 有料プランの情報料は以下の通りとします。

  • (以下、有料プランの利用者を「有料会員」といいます。)

(1)Premiumプラン 月額情報料 1,080円(消費税込)

2. 月額情報料の支払方法等は、当社が別途定めるものとします。

3. 一旦支払われた月額情報料は、通信サービスが

利用出来ない状態が生じた場合等を含め、

その理由の如何を問わず返金いたしません。

 

スポンサーリンク

 

となっていて2015年6月10日現在

Lite Plan(360円/月)が見当たらないのです。

 

このあたり無料期間がおわって

契約するときには、注意が必要です。

 

 

月々の利用料を払うことで、視聴回数や時間の制限を受けずに

音楽を鑑賞できる「定額制(サブスクリプション型)音楽配信」

の本格的な展開が日本でも 始まりそうだ。

エイベックスとサイバーエージェントが手掛ける

「AWA(アワ)」が2015年5月27日にサービスを開始。

 

無料対話アプリのLINEや米 アップルも近々、

サービスを開始しそうだ。

 

2015年末までに約500万曲を見込む

AWAを運営するのは、レコード大手のエイベックス・グループ・ホールディングスの

100%子会社であるエイベックス・デジタルとサイバーエージェント の

 

共同出資による新会社AWA。エイベックス・グループが調達した楽曲を

サイバーエージェントが開発したアプリで提供する。

提供開始時点で23社のレーベルが参加。

 

洋楽・邦楽共に多彩なジャンルがあり、国内最大規模の数百万曲を楽しめるという。

楽曲は随時追加する予定で、 2015年末までに約500万曲、

2016年末までに1000万曲の提供を見込む。

 

また、6000以上のオリジナル「プレイリスト」を用意する。

サービス利用開始から3カ月間をお試し期間として、

無料で利用可能。同期間終了後の利用プランとして、

 

「Lite Plan(税込み月額360円)」

「Premium Plan(同月額1080円)」を用意する。

6/8現在Lite Planは申込みが不明です?

 

スポンサーリンク

 COMMENT

関連記事

『水沢ダウン』の通販で手に入る 種類 や値段 製品の一番の特長は?

スマホ操作のネスレ「プロディジオ」の機能や価格!通販送料無料

山本電気のクックマスター旬彩(スープ調理器)を使ったジャム4種を紹介!

NO IMAGE

足に合わない靴選びに朗報3D測定とアイパットで既製品がオーダーに!?

ゼスプリのぬいぐるみを手に入れる方法は?CM声優が気になる!

「メルカリ」or「ヤフオク」の利用の年齢層に差は?長所生かし使い分けを!!