はとバス復活の理由宮端清次社長の取り組み【 帰れマンデー見っけ隊!!】

平成10(1998)年までの4年間、
赤字続きで借入金は70億円にまで膨らんでいた。
年収120億円の半分以上の借金である。

バブル崩壊に、阪神淡路大震災、
地下鉄サリン事件と相次ぐ事件に乗客が激減していました。

はとバスが赤字に陥ったのか。確かにバブル崩壊に
よる不景気は大きな打撃だったが、
その後、景気が徐々に回復していく中でも、

はとバスが業績を下げていったのは、
社員の中に顧客第一主義が浸透していないからだと考ました。

ある運転手から出た提案の一つに、お客様が
バスから乗り降りする際に、踏み台を置いては
というアイデアがあった。観光バスから何度も
乗り降りするお客様を思いやっての提案でした。

しかし、実施するとなると、踏んでも
ぐらつかない踏み台にする必要がある。

宮端さんが「かなりの重量になると思うが、
その重い踏み台は誰が運ぶのか」と質問すると、
「バスが止まり、お客様が乗り降りするために、
私たちがトランクから出し入れします」。

社員の協力が物を言いました。

宮端清次社長は

「お客様に満足していただくためには、労を惜しまない」と
いう姿勢に心を打たれました。鉄製の頑丈な踏み台は、
一個50万円もする代物でしたが、150台のバスすべてにつけることにしました。

運転士によると、この踏み台を出すと行く先々で他の
観光バスの乗客から羨望の視線が集まるということで、
お客様の乗り降りが楽になったばかりでなく、
はとバスのサービスの高さを示す、よい宣伝になったようです。

組織図を逆さまにしただけでは、人々の意識は変わらない。宮端さんは、社内で「末端という言葉を使うことを禁じた。ある役員が、今までの意識のまま「この計画を末端まで周知徹底して行います」と言った時に、宮端さんは「何を言っているんだ」と一喝した。

末端は社長であり、お客さまと接する現場の社員は「先端」なのです。

利用客の幅を広げることと利用頻度の向上

「はとバス」の提供価値は、地方からの
観光客だけでなく地元の東京近隣にお住いの方
にも魅力的なものとなっています。

つまり、この提供価値が、「利用客の幅を広げる
ことに貢献しているということです。
60分や90分などの短時間ツアーを充実させることで、
「利用客の幅を広げる」ことにつながっているわけですね。

また、短時間ツアーを充実させている理由として、
もうひとつあげられるのが「利用頻度の向上」です。

1時間ツアーを体験した方が、満足されれば
また利用してみようとなるわけで、しかも、
様々なコースがラインナップされていますので、
選ぶ楽しさもありますし、利用しようと思った

顧客を後押ししてくれます。

宿泊の旅行を毎月いくことは考えなくても、
数時間のツアーで「思い出に残る体験」が
できるのであれば、毎月、
参加される方もいらっしゃるのではないでしょうか。

要するに、「はとバス」はツアーを手軽にすることで、
「利用頻度を高めている」と言えそうです。

関連記事

祇園 さゝ木の場所やアクセス予約方法は?店主の経歴や口コミは?

大和田正春(元日本ミドル級チャンピオン)の戦績や今現在の仕事は

【ごはんジャパン】大竹林太郎(和食シェフ)の店名やメニューや料金は

NO IMAGE

【ホンマでっか!?TV】便利ヤーマンスカルプドライヤー最安値や特徴は?

岡本知高プロフィールと大学!体重や肺活量やコンサート予定を!

桜井博志(旭酒造会長)は獺祭の蔵元プロフィールや酒造りのポリシーは