対人スキル低い人の心がまえは?負けパターン8タイプ!!


対人スキルは高い方がいい。

でも対人関係が低いとコンプレックスがある場合は

交渉の現場などで、不利になることがあります。

 

では交渉の現場で自分の性格を理解し

負けパターンに陥らないように

対人関係を高く保つにはどうすれば

いいのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

負けパターンその1

「何事も勝ち負けにこだわってしまう」あなたの

心構え

 

交渉がどんな展開になっても、どんな局面でも

交渉の目的を忘れないこと。

相手から何か条件提示されるたびに、

「そもそも」という言葉を自分の中で繰り返す。

 

そもそも何を目的としてこの交渉に臨んでいるのかを

自問自答します。

 

冷静で合理的な判断ができるはずです。

 

負けパターンその2

「つねに完璧でないと気が済まない」あなたの

心構え

 

もう少し気楽に構えよう。

相手だって完璧でない。

そもそも自分が最大限の利益を

得ようとしても、相手が納得しないと

交渉が成立しない。

 

ある意味で不完全な状態が交渉における

完全なものだと考えて臨めばいい。

 

妥協できる条件に幅を持たせて、その範囲内で

まとまれば、完璧なんだと

考えるようにしよう。

 

スポンサーリンク

 

負けパターンその3

「行きあたりばったりで行動しがち」

あなたの心構え

 

交渉にあたって相手の情報をよく

調べておく、リサーチ力が必要です。

 

負けパターンその4

「感情的になりやすい」あなたの心構え

かっとなったと自覚したら、ひとまず黙ってみよう。

言いたいことがあっても、飲み込んで交渉の目的を

自問自答する。

 

目的に意識がいけば冷静になれずはずである。

不安が大きかったら同行者を得て複数で交渉に

のぞむのもいい。

負けパターンその5

「善人で相手に気を使いすぎる」

あなたの心構え

 

発言するとき、自分に不利になるか、

ならないかを考える。

 

不利になりそうなことは口にしない。

自信がなければ、交渉の議題や話し合い

項目をまとめた書面を用意して、その場に

臨むのもいい。

 

書面に沿って条件を提示する形にすれば

相手を利するような発言をしなくていいし

自分が主張すべきことも迷いなくいえる。

 

負けパターンその6

「どんなときも対立をさける」

あなたの心がまえ

 

交渉は対立を回避することが

目的ではない。両者の立場が違うことを

前提として、互いに納得できる

着地点へ向かうのが、交渉だから

あなたは自分自身が納得できる範囲へと

交渉を導くことに全力を傾ければいい。

 

交渉準備シートを作成し自分の要求を

明確にしておくこと。

 

負けパターンその7

「人と物事を分けて考えられない」あなたの心構え

事前準備の段階で、あなたは人と物事をしっかり

区別しておくこと。交渉の場でも

その考えを崩さないことです。

 

負けパターンその8

「人のいうことを信じてしまう」あなた

の心がまえ。

 

相手から何かを言われた時、その発言の前提となる

ことの真偽が不明のときは、その場で返事をしない。

 

相手を信じる信じないは別のこととして

相手のいっていることが、事実かどうか

必ず裏を取るようにする。

 

スポンサーリンク


 

 COMMENT

関連記事

人気フィギュアランキング ベスト20

叫びのツボ知ってますか?ストレス発散にはカラオケを歌う?

合格祈願グッズ2016年お菓子、縁起のいい5点で今年は万全

パンチ佐藤さん、高額会費の理由を語る、バフェットにはかなわず

『達成する人の法則』著者は原田隆史経歴や指導法は本の感想は?

姫井由美子の現在と経歴「姫の虎退治」あと不倫騒動や政治活動は?