大塚雄介(コインチェック)の経歴や職歴は著書もベストセラー


大塚雄介氏
通貨取引所コインチェックの
マーケティング最高執行責任者(COO)
最近ではタレントの出川哲朗をCMに起用

コインチェックの取扱量を増やしてきた
営業責任者です。

約580億円分の顧客の仮想通貨「NEM(ネム)」が
流出した問題で揺れる仮想通貨取引所大手の
コインチェック(東京・渋谷)。

金融庁は2018年1月29日、同社に業務改善命令を出しています。
1月28日、約26万人全員に日本円で返金すると表明した。

問題が発覚する直前の25日、渦中の同社で仮想通貨事業の
中心的役割を担う大塚雄介・最高執行責任者(COO)は
大塚雄介氏の発言からコインチェックの実像を追います。

JR渋谷駅の新南口改札から徒歩1分のオフィスビル。
この3階にコインチェックの本社があります。

「仮想通貨取引所はすでに1.5強。うちがトップで、
ビットフライヤー(東京・港)さんがうちの半分くらい」と
大塚氏は自信たっぷりに語りました。

「口座数は非開示だが、3年かかるところを1年で
やってしまった印象」と続けます。

かなり強気の顧客戦略
顧客の属性については
「口座数ベースで30~40歳代が中心らしいです。

男女比では男性が6割、女性が4割」と答えました。
案外女性が多い印象。
社会人として油が載った年代です。

 

大塚雄介のプロフィール

  • 群馬県立太田高等学校卒業
  • 早稲田大学理工学部卒業

早稲田大学大学院卒業 物理学修士号取得。
専攻は量子理論力学。

2006年 元リクルート系企業(株式会社ネクスウェイ)で
法人向け新規事業開発ならびにサービス開発を9年経験。

年間売上12億の新規事業をゼロから立ち上げ
全社VP賞を2度受賞。

事業アライアンス・広報・マーケティング・ビジネス面を担当。

 

大塚雄介の職歴

2006 年、株式会社ネクスウェイに入社。
ネット広告新規法人営業(1 年)/新事業創出プロジェクト(3 年)を経て、
新規事業(クラウドサービス NEXLINK)の企画・設計の副責任者に就任(3 年)。

2012年よりレジュプレス株式会社・取締役。
主にビジネス提携・広報・マーケティングを担当。

2014年8月『coincheck』サービス開始。
2016年7月現在で取引額は180億を超えている。

2017年3月
コインチェック株式会社に社名変更

専門は IA/UX/UI デザイン。ITmedia にて UX/UI コラム執筆中。(http://blog.marketing.itmedia.co.jp/yusuke56/)
大学時代の専攻は量子理論物理学。現在、
56’sLoungeという3〜6ヶ月に1度の
音楽イベントを開催しDJとしても活動。

 

大塚雄介の著書

 

タイトル:いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン

初心者にもわかるように良い本だとおもうのですが、
やはり先日の580億円26万人に被害を与えた
会社の重役が書いたという意味では、

理論的にはビットコインは盗まれるはず
はない。とあってもいやいや現実は?

この本よく売れているようです。
私の持っている本で
発行日:2017年3月25日 第1刷
2017年7月25日 第6刷

4ヶ月で5回の増刷を行なっています。
いわゆるベストセラーに間違いない!?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン [ 大塚 雄介 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2018/2/2時点)

 

非常にわかりやすい解説書です。
私が気になる箇所は以下の箇所です。
ここに非常に違和感を覚えました。

ビットコインではなくNEMなのですが
お客の大切な資産を預かっているので
言い訳は出来ません。

その仮想通貨を取引所に上場した時点で
取引所は責任を持たねばなりません。

もちろんこの本はビットコインに
ついて書かれた本ですが、

マウント・ゴックスのような出来事が
他でも起こる可能性に関して、
お客様から預かるビットコインに関しては

これを盗まれるのは取引所にとって死活問題
ですから、何重にもセキュリティーをかけています。

 

スポンサーリンク

 

お客からの預かり資産は全て
オンライン上においているわけでは
ありません。

全体を100とすると、そのうちの数%
しかオンライン上に置かず、それ以外は
インターネットから物理的に切り離して

オンライン環境で厳重に保護してあります。
そうすることで、外部からアッタクを受け、
万が一盗まれてしまったとしても、

被害をその範囲にとめる事ができるのです。

中略・・・

ビットコインは24時間取引ができるので、
取引所が預かっているビットコインの総額は
常に変動していますが、私たちは数秒ごとに

チェックをいれ、0.5%以上の幅で変動
した時はアラームが発せられ、即座に何が起きているかを
チェックできる体制をとっています。

このようにセキュリティについてコインチェックは
マウントゴックスのようにヘボくはないよ。

と大塚さんは述べています。
しかし結果は、先日の報道のとおりです。

暗号通貨はセキュリティが完璧
といっても取引所はまだまだセキュリティーの
抜け道がありそうです。

 

関連記事

笑福亭松之助師匠のプロフィールや息子や明石家さんまとの関係は?

クローズアップ現代大統領選挙に“異変”アメリカ社会に渦巻く不満

『クローズアップ現代』で放送混合診療の行方、問題点はどこに

ホセ・ムヒカ(ウルグアイ元大統領)のプロフィールは?名言や経歴も

『稲盛和夫』中国で人気の経営者はJAL再建を果した!社員役員教育を重視

カサノバ社長の経歴、日本マクドナルドの低迷と経営ダッチロール