中野裕通の今現在は別荘暮らし?経歴は「浅草ヤング洋品店」レギュラー

爆報!THE フライデー【2時間ドラマ名優の因縁&あの人は今…大追跡SP】

2017年11月17日(金)  19時00分~20時00分 TBS系列で放送

90年代「浅草ヤング洋品店」でブレイクしたパリコレデザイナーNは今… バブルで稼いだお金で高級別荘地に豪邸を作り、とんでもないお宝に囲まれ生活をしていた!
このパリコレデザイナーNとは中野裕通です。

ホントに高級別荘地暮らしなの?バブルで稼いだとあります。
その辺を紹介します。

中野裕通(なかの ひろみち1951年11月10日)は、日本のファッションデザイナー。ファッションブランド「ヒロミチナカノ」の創始者。日本各地の高等学校の制服も数多くデザインし、1994年には学生服メーカーのトンボと提携している。
その他ライセンス契約する企業も多い(リーガルコーポレーション、タキヒヨー、ヤギ・コーポレーションなど)。宮城県岩沼市出身。

神奈川県中郡大磯町在住です。

 

この大磯の自宅が別荘と言うことです。
山と海に囲まれた環境です。中野裕通もすごくお気に入りの家です。

3階から張り出たテラスは、贅沢な広さ。ウッドデッキとタイルのコンビ床にもセンスが光る。家具はイギリスのアンティークで、チェアは自ら赤くペイント。

この家の特徴は

「遠くには海が見えて、すぐそこは山でしょう。この景色に惹かれて、ここで暮らし始めました」

大磯の小高い山の中腹、居住区の最上部に位置する中野さんのお宅からは「快晴の日は、大島や伊豆半島も見渡せます」という優れた環境。

茅ヶ崎の平地で暮らしていた中野さんが、2006年ここに新居を構えた。各季節をが素晴らしいのです。

「まわりの山は落葉樹なので、新緑から紅葉、枯葉まで、それぞれの表情が間近で味わえます。季節や時間ごとに変化する色や光、風や空気など、ここでは自然が肌で感じ取れますね」

また「大磯はほとんど開発されていないし、おそらく今後も過度に開発されることもないでしょう」というのが、「もともと歴史が感じられる場所が好き」と語る中野さんがこの土地を選んだ理由のひとつになっています。

「実際に住んでみたら、神社が多いことに気づきました。伝統的な祭りも、たくさんあります。夜に御輿をかついで、山の急な崖を登る祭りもあってね、それはそれは迫力ですよ」と、すっかりここ大磯の環境が気に入ったご様子。

 

中野裕通のプロフィール

1951年、宮城県生まれ。84年、現サンエー・インターナショナルにて「HIROMICHI NAKANO」ブランドを設立し、東京コレクションに初参加。90年に独立し、91年にヒロミチ・ナカノ・デザインオフィスを設立する。遊び心のある独特のスタイルは、東京コレクションおよびパリコレクションで、毎シーズン評判。また、和装から日用雑貨までライセンス商品も数多く手掛けるほか、映画評論家として執筆するなど、多岐にわたって活躍中です。

 

  • 1972年(昭和47年) : ニコル(NICOLE)入社。
  • 1976年(昭和51年) : ビギ(BIGI)入社。
  • 1981年(昭和56年) : サンエー・インターナショナル入社、VIVAYOU事業部所属。
  • 1984年(昭和59年) : 「hiromichi nakano」ブランド設立。
  • 1986年(昭和61年) : 東京ファッションデザイナー協議会(CFD)加入。
  • 1989年(平成元年) : 毎日ファッション大賞新人賞受賞。
  • 1991年(平成3年) : 株式会社ヒロミチ・ナカノデザインオフィス設立。
  • 1998年(平成10年) : パリコレクション初参加(99春夏コレクション)。
  • 1999年(平成11年) : 第42回FEC(日本ファッションエディターズクラブ)AWARD特別賞受賞。

中野裕通はアサヤンレギュラー

浅草橋ヤング洋品店』(あさくさばしヤングようひんてん)は、1992年4月14日から1996年3月31日までテレビ東京系列局で放送されたテレビ東京・LOCOMOTION制作のバラエティ番組である。通称は『浅ヤン

この番組でファッション水戸黄門で中野裕通が出演していました。

 

関連記事

ナオミグレースの今現在は?ジャズ・シンガー!夫松下進はイラストレーター

浅野愛子の今現在や経歴!身長は?映画「漂流教室」後の仕事は?

佐川女子の八木ひかるは美人ドライバー!結婚や収入も気になる

石井苗子の今現在は参議院議員!選挙戦がユニーク妹の病気は何?

池田貴族の妻池田一美の今現在は?夫は心霊番組常連【爆報!THE フライデー】

宇野美香子が投資詐欺にあう!夫が白血病で死亡!資産運用をが仇