福田萌子の実家は金持ち?彼氏の存在は?自転車レースで落車の過去


スポンサーリンク

もしかしてズレてる?【美のカリスマ1週間丸コピダイエットで再び驚きの結果が!】

2017年8月21日(月)  22時00分~22時54分

 

モデルの福田萌子が出演します。

 

福田萌子といえば、2010年ミス・ユニバース・ジャパンでは3位入賞。モデル・タレント活動の傍ら自転車をはじめマラソンやトライアスロン、ヨガ、セパタクローなど幅広いスポーツをアクティブにこなしてきました。

沖縄県那覇市出身。中学生の時からCF、スチール、ショーなどのモデルをこなしています。

大学時代はパリへ2か月間留学したこともある。モデル以外にも映画番組『Cinema Paradiso』『PET FAN TV』のナビゲーターを務める。

2010年、ミス・ユニバース・ジャパンで3位に入賞。ミス・ユニバースJAPANのビューティーキャンプ中はホテルの従業員に「部屋は毎日整理整頓され、いつもキレイに生活だった」「すれ違うと笑顔で挨拶してくれた」「周りのファイナリストに接する態度にも、親切な気持ちが伝わった」と評されるエピソードが残っています。総じて評判がいいのです。

 

9頭身のセレブモデルって評判なのですが・・・

9頭身はわかるが、何がセレブ?って思うあなたに。

実家の金持ち具合や仕事、福田萌子の彼氏のことなど紹介します。

 

福田萌子の実家は金持ち

アメリア人の父親が会社経営者と言われています。

從って金持ちという単純なことではないでしょうが、

自営業で成功者はいわゆるセレブのカテゴリーに入るのでしょうね。

 


やたらと海外撮影の写真が多いのです。

もちろんモデルさんとしての仕事もあるでしょう。

がプライベートで海外旅行?

この辺りの境目がわかりづらい!

のがセレブのゆえんなのか~

 

アメリカ人のお父さんも日本で建設会社を起業し30年は経過している模様。

これだけ経営しているのでもう成功でしょう。

 

福田萌子彼氏の存在

全く見当たらないのです。

いまは彼氏より自転車競技がメインなのかもしれません。

自転車競技のじゃまになるというわけでは無いのですが。

人生は有限なので何を選択するかです。

いまは自転車なのかな?

モデルの仕事はどれだけ儲かるかはわかりません。

がどう見ても、費用(出費)が収入を上回っているように見えます。

まあ遊べるなら親がかりでも遊んだらというしか。

 

福田萌子自転車競技

愛車のロードバイクはキャノンデール

カスタム仕様で150万円 セレブ感たっぷり

ちなみに自家用車はシルバーのベンツでした。

楽しいはずの自転車ライフは突如”暗転”した。その年の9月、ハワイの人気イベント「ホノルルセンチュリーライド」で激しく転倒。顔や体に傷を負っただけでなく、事故の恐怖がトラウマとしてのしかかったのです。

 

「起きてしまった事は変えられないから、くよくよしてても始まらない」と健気に振る舞ってはいたが、再び乗ろうとすると体はこわばり、冷や汗が出ました。

2016年2月には再び「サイクリング屋久島」参加を目指したが、「事故の瞬間が頭から離れず、小さな段差を越えるだけで全身が凍って涙が出そうに」。

結局、スタート直前に参加を断念した。仲間の帰りをただ待つのは耐えられず、「勝手にハーフマラソン」と称して約20kmを走った。

 

福田萌子プロフィール

プロフィール
生年月日 1987年6月26日
現年齢 30歳
出身地 沖縄県那覇市
血液型 O型
瞳の色
毛髪の色 茶色
公称サイズ(2015年時点)
身長 / 体重 176 cm / ― kg
スリーサイズ 83 – 60 – 89 cm
靴のサイズ 25.5 cm
活動
ジャンル ファッション
モデル内容 一般
他の活動 タレント
事務所 DIVINE

 

 

 

【まとめ後記】

2015年ホノルルセンチュリーライドで落車し、その恐怖から自転車に乗れずにいました。

福田萌子さんが初めてロードバイクで自転車イベントに参加したのが、2015年2月のサイクリング屋久島でした。

最高のロケーションに魅了された100kmでした。ランニングでは走れない距離を自分の身体を使って駆け抜ける爽快感。登り坂で重くなっていくペダルを回す気持ち良さ。

自転車が楽しいと感じた日から一転、その年9月のハワイで落車をして目の前に血の海が広がっていた光景は今でも鮮明に覚えているそうです。

自転車が嫌いになったわけじゃないけれど、乗りたい気持ちと、リスクを考えてもう乗らない方が良いのかも知れないという気持ちが入り混じり、もう一度サイクリングを楽しめるのか分かりませんでした。

もう二度とあの屋久島を走った楽しさを体験する事はないかもしれない。そう思いながらも、いつかまた100kmが走れるように、ジムで自転車エクササイズは続けていました。

そんな私に今回の企画を提案してくれたのがcyclistでした。その名も『福田萌子のもう一度、南の島を走りたい』。このタイトルを見るだけで、嬉しくて涙がでます。

 

スポンサーリンク

関連記事

岡部昭子(モナコ研究家)の会社やプロフィールは?出版や旅行企画も

村尾政樹(子供貧困対策)の専門家!経歴や取り組み【ハートネットテレビ】

高島宏平の経歴やオイシックスを作った理由口コミやお試しセットは?

煎り酒の作り方は簡単! 茅乃舎の使い方レシピ!保存方法は?

小林茉以(こばやしまい)弁護士の学歴や所属事務所や趣味は?

あめトマト(農家・オブザイヤー2019)最高金賞の買い方や価格は?