野本良平の経歴や学歴は?羽田市場直販部で個人宅に鮮魚を直接販売!


1月19日(木)カンブリア宮殿 テレビ東京系列

羽田市場代表 野本良平さんがゲストです。

行列の回転寿司&鮮魚居酒屋で大人気!絶品マダイにとろけるカレイ…築地市場をすっとばす「羽田市場」うまい!安い!速い!!究極の産地直送を実現した“鮮魚流通革命”

このシステムを考案したのが、CSN地方創生ネットワーク株式会社
代表取締役野本良平です。

スポンサーリンク

【漁業の危機】

かつて109万人いた漁師が今や16万人。20年後にはいなくなると言われています。
魚が獲れないわけではありません。
適正な価格で取引せずに安く買い叩く事が常態化し、漁師の生活は苦しくなり、それを見た次の世代が跡を継がなくなっているのです。

そこで野本良平は考えた。

漁業が儲かれば漁師の跡継ぎも喜んで跡継ぎになるのでは?

そう儲かる漁業を作ればいいのだ。

 

まず中間業者を挟むことを止めた。港から魚を直接空港に運び、羽田空港内に鮮魚の仕分け・加工センターを設立した。

築地市場はいらなくなったのだ。

羽田市場誕生により、生産者と小売業・飲食店を直接取引でつなぐことを可能にしました。

そんな野本良平さんの経歴や学歴、羽田市場の超速鮮魚を店舗や商売だけでなく、個人にまで裾野を広げた構想にせまります。

 

野本良平の経歴や学歴は?

生年:1965年

出身:千葉県

高校卒業後浪人中に母から運転免許を取れと、連絡が入り翌日から合宿に行って免許が取れた報告をすると、兄貴が免停になったので配送の手伝いをしろと言われ、翌日からトラック配送をスタート。

野本さんは大学に進学していません。

 

スポンサーリンク

 

2006年:回転寿司大手会社に入社

2008年:APカンパニーに入社

漁業権を借りて船を購入し、漁師を募集。
本来漁師さんから魚を買うはずの会社が船を持つことに最初は大反対を受けましたが、足りない魚は購入し、加工が必要な魚は業者に出すなど、地域を巻き込み一緒に活性化して行くことで受け入れてもらった。

ここで鮮魚の流通システムを徹底的に検証

鮮魚の鮮度にこだわった流通システム開発に力を注ぐことを決意しました。

羽田に荷物が届いてから出るまで2時間かかり、輸送時間のロスがある事でした。
配送センターを近くに作っても、飛行機の遅れによるオペレーションの乱れは何とも出来ません。
これは空港内に市場を作る事でしか解決できないと、ずっと思っていたのです。
独立を期に一度はけんもほろろに断られた航空局に再度プレゼンしました。
「本当の地方創生は羽田の中に市場を作る事から始まる」と。
鮮度の高い食品を適切な価格で流通し、一次産業の方に適正な利益を生むことで、若者が跡を継ぐ。
羽田をハブに海外へ直接送り出すことも出来る。

今年は香港、シンガポール、北米への出荷の増加が見込めます。

 

個人向け販売

羽田市場直販部

ズワイガニ、ホタテ、毛ガニの販売を行っています。

水揚げから最短6時間で手元に

兵庫県から北海道(東京都を除く)は24時間で届けられます。

 

スポンサーリンク

関連記事

加藤登紀子の生い立ちと旦那のこと!亡父がレストランを経営場所やメニューは?

コストコ常滑店ガソリンスタンド公正取引委員会より警告をうける

「いそ小判海苔本舗」の場所や商品は?立川集団食中毒の原因は作業行程にあった?

ジェダイの3つの掟とはそれを継ぐ魅力ある伝説の人物たちオビ=ワンを中心に

相楽樹のプロフィール!映画やテレビドラマCMも好きなスポーツは?

大村智先生の「ノーベル賞」温泉は源泉かけ流し「白山温泉」