マーサ三宅は大橋巨泉の元妻!離婚理由は?ボーカルハウスを主宰


スポンサーリンク

こんにちは。

くまのすけです。

 

12月9日(金)の徹子の部屋 テレビ朝日系列 12:00~

マーサ三宅さんと大橋美加さんが主役です。

 

マーサ三宅さん実は先日亡くなった

大橋巨泉さんの元妻というのはあまり知られていない

かも知れません。

 

マーサ三宅さんとはどういう人

なのでしょうか?また

大橋巨泉三との離婚理由

マーサ三宅さんが主催している

ボーカルハウスについても紹介します。

 

マーサ三宅はどんな人

芸名:マーサ三宅

本名:三宅 光子(みやけ みつこ)

生年月日:1933年5月13日(83歳)

職業:ジャズボーカリスト

結婚:1956年当時ジャズ評論家の大橋巨泉と

結婚し、子供は大橋美加とChika の2人

 

日本音楽学校卒業直後の1953年5月にプロデビューした。

後に三宅マーサは生活のために歌手に

なったといっています。

 

1955年にマーキュリー・レコードから出たSP盤

時代を感じますね。レコードデビューです。

 

大橋巨泉との結婚の馴れ初めはジャズ評論家

の巨泉が虫垂炎になって入院したときに

家族に代わり病院に付き添ったのが

きっかけだということです。

スポンサーリンク

マーサ三宅と大橋巨泉離婚の理由

大橋巨泉の仕事が大きく

かかわっています。

 

大橋巨泉が仕事の軸足をジャズ評論家から放送作家に

移したことが原因です。

 

マーサ三宅はほぼジャズシンガー1本で

やってきた人です。

放送作家という仕事の理解がなかったか

やはり自分はジャズ評論家の大橋巨泉と

結婚したので、話が違うということに

なったのでは?

 

なんで、放送作家、巨泉ぶー

となったのかも知れません。

 

それほど大橋巨泉さんは趣味が多く

それもどれもがプロ並みに

こだわったもの、マージャン

競馬、ゴルフなどこれをどうどうと

続けるのは、後の奥さんの浅野純子

さんのほうがうまくいったのでしょうね。

 

これは何も大橋家だけのことではなく

例えば旦那が結婚時にサラリーマンだったのに

自営業に鞍替えしたり、独立、まったく予想もしない

職業を目指したり。

 

女性は安定を求める人が多いので、

平成の女性はわかりませんが

昭和の女性はその傾向が

強いきがしますね。

 

スポンサーリンク

ボーカルハウスとは

写真:大橋純子

 

1972年にマーサ三宅が開校

した後進を指導するため開校した

ボーカリストの学校、

 

卒業生には、大橋純子、今陽子、芹洋子など

そうそうたるメンバーを輩出しています。

 

 

マーサ三宅ボーカルハウス入会金や月謝等

今現在はマーサ三宅さんは直レッスンは

行っていません。

レッスンはマーサ三宅さんの弟子のかた

が行っています。

入会時
入会金 ¥20,000 教材費 ¥10,000(CD)
毎月
設備費(各科共通) ¥1,500
月謝
基礎科 ¥12,000
教材費(入会時のみ) ¥2,000(テキスト)
普通科 ¥14,000
ボイストレーニング科 ¥12,000
研究科 ¥14,000
実践科 ¥18,000

 

研究科や実践科に進むためには

テストがあります。

大橋寿々子の生年月日は不明!プロフィールは巨泉の看病は【徹子の部屋】

スポンサーリンク

 COMMENT

関連記事

首藤桃奈(元大分高校女子マネ)はアナウンサーを目指し話題の仕事を?

智辯学園(奈良)選抜高校野球2017出場校チーム紹介!春連覇挑戦

籠池町浪(かごいけちなみ)の経歴や大学は!塚本幼稚園教頭で美人!

逢澤志穂の経歴や今現在は農業をしている?出演番組は踊るさんま御殿

若者のための冠婚葬祭入門、葬儀・告別式、辞去の挨拶の言葉

千代川宗禎(ちよかわそうてい)の寺や経歴はガッツリ系の説法が効く