MIKIKO(振付師)は「逃げ恋ダンス」を考えた!年齢や経歴や他の振り付けは?

 

新垣結衣のドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」

視聴率が今クールのドラマで

数字を取っています。

 

(ビデオリサーチ調べ、関東地区)によると

女優・新垣結衣が主演するTBS系連続ドラマ

『逃げるは恥だが役に立つ』(毎週火曜 後10:00)の第7話が22日放送され、

平均視聴率が13.6%でした。

 

エンディングでは星野の歌唱する主題歌「恋」に

あわせて出演者がダンスする『恋ダンス』

が大評判になっています。

 

さてこのダンス誰が振りつけたの?

ということが、気になりました。

 

振付師のMIKIKOさんです。

どういう人、他に有名な振り付けは有るの?

ということで紹介してみます。

MIKIKOさんは幅の広いジャンルの振付を

行っています。対象はテクノやJ-POPはもちろん、

ヘヴィメタルも対象としています。

 

MIKIKOの経歴

生年月日:1977年8月11日(39歳)
出身地 :広島県
職業: 振付師、演出家
活動期間 :1999年 –
事務所 :アミューズ
共同作業者 :ELEVENPLAY
公式サイト :www.mikiko0811.net

 

2005年、MIKIKOが作・演出・振り付けを手掛けた舞台「DRESS CODE」を見た、

アミューズ会長の大里洋吉が演出家になることを薦める。

大里の「感性を磨け」との指示により2006年に

ニューヨークに転居します。

 

MIKIKOさんは

ダンスカンパニー、ELEVENPLAY

を主催しています。
“心・技・体”はもちろん、
センスの磨かれた素敵な
ダンサーが生まれますようにとの願いを込めて、
2009 年に立ち上げられた。

ジャンルの異なる女性ダンサー達で
編成されており、舞台、映像、スチールなど、
表現の場を様々に持つ。

2014年3 月に行われた公演「モザイク」では、
独特の世界観でダンスインスタレーションが展開され、
各方面で好評を博した。

また、5 月からスタートしたレディー・ガガの
ワールドツアーでは初音ミクと共にオープニングアクトを務め、
バーチャルとリアルのお互いの魅力を
引き立たせる新しい表現世界は、
詰めかけたレディ・ガガのファンたちを魅了した。

 

[ad#ad-1]

 

MIKIKOってどんな人

多種多様なダンスを経験

ダンサー・振付師として

注目されています。

 

誰を振り付けして居るかといえば

Perfumeの振付やライブ演出

Perfumeと縁が深いのは

バレエとストリートダンスを学んだ後、

19歳からダンスを教えていたのが

1999年からアクターズスクール広島で講師を務め、

後のPerfumeメンバーも指導。

 

その後MAXのバックダンサーとなり

週1回は広島と東京を往復する生活を5年間ほど送る

そういうバックボーンがあるためです。

 

BABYMETALワールド・ツアーの仕事など

を手がけています。

 

また自身の主宰のELEVENPLAYも

「Sonar Festival  2014」

「セルバンティーノ国際芸術祭」

「MUTEK MEXICO 2014」
等に出演するなど、

世界的に活動の場を世界に広げている。

という有名な振付師さんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[youtube id=”N-laWb4gWzo” align=”center” mode=”normal”]

 

[ad#ad-1]

 COMMENT

関連記事

新納慎也のブログや経歴!元歌のおにいさん?大河出演と豊臣秀次を紹介

片桐仁(俳優)の経歴や息子や嫁は?元は芸人です今も?出演ドラマは何?

NHK大河ドラマ「真田丸」あらすじ第8回「調略」春日信達悲運

迫田孝也はどんな人?プロフィールや大学と結婚や出演作を紹介!

「真田丸」ネタバレあらすじ第六回「迷走」素っ破・すっぱ抜くの起源

あさドラ「まれ」にみる家族は・・・疲れてしまうシーンの連続です。