鎧塚俊彦は故川島なお美の旦那の経歴や今現在は!妻の生前の評判は?


スポンサーリンク

9月9日(金)徹子の部屋のゲストは鎧塚俊彦さんです。

鎧塚俊彦はパティシエとして有名な方ですが、近年より有名になったのは女優川島なお美さんと結婚してからのことです。

東京のスイーツ好きの方には鎧塚俊彦はビッグネームだったのかもしれません。

 

鎧塚俊彦の経歴

 

1984年(昭和59年) – 京都府立城南高等学校(現:京都府立城南菱創高等学校)卒業。

1989年(平成元年)- 辻製菓専門学校卒業

1989年(平成元年) – 23歳で守口プリンスホテル(現:ホテル・アゴーラ大阪守口)に入社、パティシエとして3年間勤務。

1992年(平成4年) – 神戸ベイシェラトンホテル&タワーズのセクションシェフから、副製菓長として3年間勤務。

1995年(平成7年) – 30歳で渡欧、スイス・シャフハウゼン「ツッカーベッカライ エルマティンガー」に入店、オリジナル菓子「トシ・マンデル・クローネ」が人気商品になり、1年半勤務。

1996年(平成8年) – オーストリアウィーン郊外、「バックハウスアンナミューレ」でアシスタントシェフ、1年半勤務。

1998年(平成10年) – パリ最古の伝統店「ストレー」入店、2年間勤務。

2000年(平成12年) – ベルギーの3つ星レストラン「Bruneau(ブリュノウ)」シェフパティシエとして、2年間勤務。

2003年(平成15年)9月 – 有限会社アトリエ・サンセール設立。

2004年(平成16年)9月7日 – 恵比寿に「Toshi Yoroizuka」開業。

2005年(平成17年) – 月2回、定員6名のお菓子教室「ECOLE TOSHI」(エコール・トシ)を恵比寿の店舗に開設。

2007年(平成19年)3月30日 – 東京ミッドタウン「Toshi Yoroizuka MID TOWN」開業。

2007年(平成19年)11月23日 – 川島なお美と婚約を発表。

2008年(平成20年) – 恵比寿本店リニュアルOPEN。

2009年(平成21年)2月1日 – 川島なお美と入籍

2011年(平成23年)11月 – 神奈川県小田原市に「一夜城ヨロイヅカファーム」開業。

2013年(平成25年)3月1日放送 – TV番組『アイアンシェフ』に出演、フレンチの須賀洋介との「いちご対決」に勝利。

2015年(平成27年)9月24日 – 妻・川島なお美が胆管癌の為、逝去

 

スポンサーリンク

鎧塚俊彦の今現在は

%e3%82%88%e3%82%8d%e3%81%84%e3%81%9a%e3%81%8b%e3%81%a8%e3%81%97%e3%81%b2%e3%81%93

故川島なお美さんの1周忌を間近に控えています。

亡くなる一カ月前にも海外旅行に出かけるほど精力的だった川島さん。「自分の人生は最後まで自分で決める」と いう妻の強い意志に、女優として人間として生きる力強さを感じていたといいます。

今は、愛妻が残した“遺言ノート”に記された願いを1つずつ実現させている毎日だとか。

お墓は、犬やワインが大好きだった川島さんを想いながら、鎧塚さん自らが設計、「彼女らしいお墓ができた」と涙ながらに語っています。

 

川島さんの生前の評判は

生前お付き合いのあったライターの岩谷貴美さんとのエピソードです。

岩谷貴美

確かに「駄目なものは駄目!」とハッキリいうし、ご自身が納得いかない場合は絶対に首を縦に振らない川島なお美さん。

そんな不器用なまでにご自身の信念をしっかり持っていらっしゃる方なので、もしかしたら誤解される事が多かったのかも知れません。そう気が強くわがままというようなイメージ

 

岩谷貴美さんはライターとしてなお美さんとお仕事をした事もあります。かなり無茶振りな内容も、お忙しい中なんとか時間を捻出し、読者の皆様に喜んでもらえる誌面になるよう色々と心を砕いてくれたようです。

 

«たった一度だけ仕事を断られた»

でも、1度だけ、お願いしたお仕事を引き受けて頂けない事がありましたそう。

 

それは、2015年の7月、ある女性誌の牛肉特集で食通著名人の方に、お気に入りの牛肉料理のお店をご紹介頂く企画でした。食通のなお美さんにピッタリな テーマだと思っていたんですが、2013年に胆管癌の摘出手術をした後、牛肉を控えていらっしゃるので、この企画には協力出来ないという理由でした。

«誠実な仕事ぶり»

読者に対してウソはつきたくないという誠実なお人柄を改めて尊敬した一方、すっかり元気になられたように思っていたのに、まだ完治はしていないという事実を知り、とてもショックでした。

 

そして、約2ヶ月たった9月4日、久し振りになお美さんからのメールが届きました。

 

10月19日にサプライズでご主人・鎧塚俊彦シェフのバースデーパーティーを開催するので岩谷貴美さんに参加して欲しいという内容でした。

 

まとめ

『夫の8割が「妻より先に逝きたい」 – 妻は「夫より長生きしたい」!?』というデータも有ります。「今さらそんな驚くこと?」と思ったのは管理人だけではないはずです。

鎧塚俊彦さんは愛する妻に先立たれて、いまどういう心境なのでしょう?

「結婚生活の長さ」という時間ではなく、濃密な時間を過ごされたようにも見受けられます。

とすれば、ただいたずらに愛の無い結婚生活を続けるより意義があるでしょう。そういう無意味な結婚生活を送っているご夫婦には今回の鎧塚俊彦さんと川島なお美さんの物語は刺さったかもネ

また管理人の川島さんの生前のイメージに違い川島さんはプロ根性がすごく、仕事も断らない誠実な人であったとわかりました。

 

スポンサーリンク

関連記事

沢田雅美の若い頃は先輩女優に可愛がられる?夫は赤松秀樹で実家の借金は完済?

安倍里葎子の現在は歌手活動『愛のきずな』が大ヒット【爆報THEフライデー】

阿知波悟美の本名はいしはらさとみ?画像やプロフィール【徹子の部屋】

笹本恒子(写真家)の経歴や結婚や写真展は?健康法も気になる

眞野あずさのプロフィールや不倫騒動は?ドラマや姉のことや旦那紹介!

今陽子(ピンキー)の現在は?歌手生活と恋愛遍歴や家族や身長は?