千葉すずの現在や経歴や家族!バッシングされた理由は?


スポンサーリンク

緊急特番!今夜限定…スポーツ界を揺るがした4大伝説

2016年7月27日(水)  19時56分~22時54分

TBS系列で千葉すずさんが出演します。

千葉すずさんは91年世界選手権自由形400m銅メダルを獲得し

注目されるようになります。

ビジュアル的にもかわいかったので女子選手の中でも目立った存在でした。

千葉すずさんは1975年に横浜で生まれ5歳で水泳を始めました。

中学1年生のとき、単身で大阪イトマンSSに水泳留学。1991年の世界水泳選手権自由 形400mで銅メダルを獲得。女子自由形での銅メダルは史上初の快挙でした。印象的な笑顔は「すずスマイル」と呼ばれ水泳界のアイドルとしてもてはやされ ました。

それは徐々にエスカレートし、15歳の千葉すずさんは戸惑いを隠せずにいました。厳しい練習をしていた千葉さんにとって練習後の取材は負担でし た。

しかも、いつも聞かれることは「朝何食べましたか?」など水泳とは関係ないことでした。自分の思いと周囲の意識のギャップに苦しんだ千葉さんは、やが てマスコミと対立するようになっていきました。それは彼女にとって必然で有ったということ。

自分に正直であったとも言えます。気が強いという事もありました。十分評価に値する実績。

マスコミに嫌われた千葉すずに対するバッシング。

本当にかわいそうだと思います。

 

そんな中でのぞんだ1992年バルセロナオリンピック。

千葉すずさんは16歳で初めての出場でした。そこで千葉さんは女子200m自由形6位入賞。快挙だったにも関わらずマスコミからは敗因ばかりを質問されました。

それは恐らく無名の中学生の岩崎恭子さんが200m平泳ぎで金メダルを獲得したことに大きな関係があります。千葉すずにとっては悲劇だったかもしれません。

1996年アトランタオリンピック代表選考会でシーズン世界最高のタイムを出し千葉すずさんは再び脚光を浴びました。次こそはメダルをと本人も強い覚悟があ り連盟に水着の自由化を直談判。

それはチームの女子の意見をくみ取って行った行動であったが、またも連盟に誤解されることとなりました。

 

しかし、千葉さんの訴えは却下されました。そしてむかえたアトランタ五輪。

しかし、得意の200m予選で敗退。競泳女子は 全種目メダルなしで終わりました。高かった期待は失望からやがて批判となり、その矛先はキャプテンである千葉すずさんに向けられました。

女子の不振の責任を一挙に背負って責任を追及された。

特に大会前に語っ ていた「楽しいオリンピックにしたい」という言葉が批判の的となったのです。レース終了直後、生放送のニュース番組で千葉さんは「メダルメダル言うんだっ たら自分で泳いで獲ってくださいよ」と感情を爆発させてしまいました。

さらに「日本人はメダルきちがいなんですよ」と口走ってしまいました。これは問題発 言として大きく取り上げられ千葉すずさんへのバッシングを過熱させました。

この発言は致命的でした。

 

スポンサーリンク

千葉すずさんはこの後、一線を退きました。その4年後、復帰した千葉さんは2000年シドニーオリンピック代表選考会で優勝し、A標準記録で突破。

レース 後の記者会見で「みんなはこの試合を目標に頑張ってきたと思うんですけど、私の場合はあくまでも9月(五輪)で結果を出したいと思っているんで」と発言。

これに対し、連盟は千葉すずさんのオリンピック出場に「ナメている」と否定的なコメントを出しました。そして代表が危ぶまれるほどの騒ぎとなりました。結 局、千葉すずさんは落選。千葉すずさんは連盟を相手にスポーツ仲裁裁判所に提訴することを発表。

裁判の結果、千葉すずさんの訴えは却下されましたが、選考 を明確化するように言われました。その後、千葉すずさんは引退。2001年、水泳連盟は選考基準を明確化しました。さらに水着の自由化も実現しました。

現在水着の自由化や選考基準の明確化も千葉すずさんが道を開いたものとして逆に評価されています。千葉さんはこのように波乱万丈の競技人生を送りました。

 

千葉すずの今現在は

2002年、イトマンスイミングスクール時代からの知り合いでカナダ時代の練習仲間、山本貴司と結婚 子供は4人いるようです。

スポーツ運営会社を立ち上げています。

ビクトリーベルは、アトランタオリンピック後引退した元競泳選手の千葉すずが スポーツを通して心身の向上を図る手助けをしたいと設立したスポーツ推進会社で、カリフォルニア州認可の会社法人です。

社名は、何事も前向きに努力邁進することにより、勝利(ビクトリー)の鈴(ベル)を奏でようとVICTORY BELLと命名されました。

ビクトリーベル では、水泳トレーニング用の水泳グッズの紹介と販売、水泳を始めとした各種スポーツキャンプ案内、スポーツ留学の斡旋、アメリカでのホームステイ体験プロ グラムなどを行っております。

 

千葉すずの経歴

出身地:神奈川県

生年月日:1975年8月11日 41歳

血液型:B型

身長:172cm

 

津田恒実の経歴や成績!原辰徳の対決は?ライバルの逸話は

西本聖(元投手)の実績!長嶋監督や江川投手との関係かくれた秘話は?

松野明美の今現在や家族!マラソンの記録や有森裕子との関係は?

スポンサーリンク

関連記事

野口啓代(ボルダリング)の経歴や彼氏!筋肉や握力や成績は?

法政大学青木涼真の戦績や出身高校は箱根駅伝5区で区間新記録

西村祐亮(車いすテニス)リオ代表候補の学歴や成績!ランキングは?

秦由加子(パラトライアスロン)プロフィール!障害や結婚と成績は?

早田ひなの父親はサラリーマン?脇汗って何?使用ラバーや身長は

横綱白鵬「モンゴリアンチーム」のジャージに批判殺到日本相撲協会に意見あり