海の駅「高野崎」の名物メニュー「ほたて塩ラーメン」や店舗の場所は?


人生の楽園 水無月の四 〜津軽海峡 絶景の食事処〜

6月25日(土) 18:00~18:30 テレビ朝日系で放送されます。

池田よし子さん(62歳)と夫の澄夫さん(72歳)

は現在青森県の津軽国定公園の高野崎というところで

『海の駅 高野崎』というお食事処を経営しています。

スポンサーリンク

この町は奥さんの池田よし子さんの実家がある町

16歳までは青森県今別町袰月(ほろづき)で育ちました。

看護婦を目指して16歳で上京しました。

 

22歳の時に、会社員であった今の夫の澄夫さんと結婚しました。

30代には東京から家族で福島県に移り住み、縫製工場を経営します。

 

池田よし子さんは忙しい毎日を送っていましたが、毎年夏休みにはふるさとの

今別町袰月(ほろづき)に帰省していました。

 

ふるさとの袰月も高齢化が進行し

限界集落になってきましたが、東京育ちの澄夫さんも、袰月の大自然と人情を

すごく気に入って、「子供が自立したらいつか夫婦でここに住めたら」

と考えるようになっていました。

 

その後子だもたちの独立を待って、袰月に移住

しばらくして2人は地域の人々から「みんなで集まる場所がない」

という話しを聞き、老後はのんびりと考えていた2人でしたが、

「みんなの役に立って、地域活性化も図れたら」と

町営の空き店舗を借りて、憩いの場食事処『海の駅高野崎』を

2015年に4月にオープンしました。

 

立地は津軽海峡を望む抜群の立地です。

店舗はJR今別駅近くにあります。

 

高野崎は

奇岩・怪岩がいたる所に突き出ている迫力ある景勝地。

たかのざき1

晴れた日には竜飛崎、下北半島、遠くは北海道を眺望でき、夕日がとても綺麗な所です。岬の先端には紅 白の灯台があり、そこから階段を降りていくと灯台から岩場を結ぶ橋「潮騒橋」と「渚橋」が架けられており、橋を渡るとゴツゴツした岩場で釣りや磯遊びが楽 しめます。

真っ青な海に光り揺らめく海藻が見え、とても綺麗です。

波打ち際まで降りることも可能です。

 

 

『海の駅高野崎』店舗での役割分担は主に池田よし子さんが調理を担当

配膳は澄夫さんの担当です。

 

澄夫さんの実家が中華料理店を営んでいたこともあり

店で出す料理はラーメンメインに決めました。

この地区の海の幸山の幸を満喫できる『海の駅 高野崎』の営業は

20:00まで。ほとんどの飲食店が夕方に閉まるこの地域では

異例に遅い閉店時間です。

 

これは少しでも長く灯りをともしていたいという2人の想い

袰月地区の景色と人情に惚れた池田さん夫婦が過疎化の進んだ地域で元気に

明るく暮らす姿を紹介しました。

詳しくは番組でご覧ください。

 

一番人気メニュー

『ほたて塩ラーメン』

目の前の海で取れた昆布をだし汁に使い

海の香り満点の名物ラーメンを作り上げました。

 

食材に使うワカメや海の幸は直接地元の漁師から仕入れます。

さらにワラビやねまがり竹はよし子さんが毎日山に入って手に入れるらしいです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

関連記事

川上昭美のつつじ園(四万十町)の見頃や本数や場所は?駐車場は有る?

カフェ&木工房結の場所アクセスや作品価格は?店舗はセルフビルド

森のcafe ゆるり (豊後大野市)のメニューやアクセスは【人生の楽園】

高松市「ファーマーズカフェ菜」はお米と野菜に自信!メニューやアクセス!

手作り家具工房&カフェマエストロの場所やメニュー限定カレーセット

『川本エゴマの会』(代表: 竹下禎彦)のエゴマ油の商品や通販は?