佐藤夕美子の今現在山梨居住と経歴!朝ドラ「甘辛しゃん」のあらすじは?


 6月10日 爆報!THE フライデーで

’97年に活躍した元朝ドラヒロイン・Sの現在にも密着。

移住先の山梨での生活を追うとあります。

スポンサーリンク

1997年朝ドラヒロインで「S」と言えば佐藤夕美子さんしかいません。

山梨に移住も何か理由がありそうです。

女優が田舎暮らしで家庭菜園というケースも

決して珍しくはありません。

 

しかしそのたたりは番組で見ていただくとして。

管理人は朝ドラ女優と山梨で田舎暮らしという現状に

少し違和感がありました。

そんなもの個人の自由やんということ

なのですが、ネットで検索してみると、

朝ドラ女優で

佐藤夕美子さん、ミュージカル『アニー』で

のテッシー役で舞台デビューしました。

 

8歳のことです、カテゴリー的には子役さんです。

その後に歌手小椋佳主宰のアルゴミュージカル

『真夏のシンデレラ館で』の真夏役で主演。

 

しばらくブランクがあって、

再デビューというくくりになるかも。

1997年(平成9年)度下半期放送NHK連続テレビ小説『甘辛しゃん』の

ヒロインに1,863人の中から選ばれます。

女人禁制の灘の杜氏の世界に挑戦する女性、榊泉を演じました。(後述)

 

さてそんな佐藤夕美子さん、ネットではNHKの朝ドラ女優で

その後ブレークしなかった女優名で

そんなありがたくない、名前も挙がっているようです。

 

確かに、朝ドラ後にテレビに出まくりという姿は

見ていません。何かあったのでしょうか?

いろいろ調べてみました。

 

佐藤夕美子今現在

大学の同級生と結婚し、御主人の実家の山梨で暮しています。

 

資格を利用し、ベビーマッサージの教室を開いています。

報酬はもらっていないようなのでほぼ0円です。

 

2016年4月に山梨大使に就任

山梨のいろいろな宣伝をするようです。

歌手イルカさんや神部冬馬さんも山梨大使です。

全部で何人いるのでしょう?

公式ブログ2016-05-09 より

この度4月より私、佐藤夕美子は「やまなし大使」に就任いたしました‼︎

山梨は豊かな自然、
桃やブドウを代表とする果物の産地であり、
ワイン、ジュエリーなどの
地場産業に恵まれています。
やまなしブランドを全国に発信し、
山梨県の益々の発展のお力添えになれたらと
今後も私の感じたことを、
生の山梨の情報をたくさんの方に
お伝えして行けたらと思っています
公式ブログ2014-01-11より

1月11日が結婚記念日という記述があり

そこに女の子と御主人の後ろ姿が映っています。

女の子は2~3歳くらいでしょう。

結婚記念日にお互いプレゼント交換した記述がありました。

さとうゆみこ

佐藤夕美子のプロフィール

本名:高添夕美子

出身地:東京都

生年月日:1978年 7月10日(37歳)

身長:158cm

趣味:着物、絵画、マラソン(ホノルルマラソン)

特技:剣道二段、タップダンス

免許:普通自動車、カラーコーディネーター、二級着物講師(京都着物)、ベビーマッサージセラピスト

最終学歴:亜細亜大学経営学部経営学科卒

多趣味な女性です。

 

佐藤夕美子のテレビ出演

 

2000年 TBS系 月曜ドラマスペシャル 家庭欄記者・鍋島六郎II

2013年 TBS系 テレビ未来遺産”終戦”特別企画

報道ドラマ 生きろ 〜戦場に残した伝言〜 – 島田美喜子役

 

スポンサーリンク

 

佐藤夕美子の映画出演

2005年 ULTRAMAN (小中和哉監督)由利子役

2007年 Waiting for the Sun〜天気待ち〜(奈良橋陽子監督)えつこ役

近年テレビへの出演は非常に少ないです。

 

朝ドラ「甘辛しゃん」はどんなドラマ

平均視聴率は26.6%、最高視聴率は30.0%

(関東地区、ビデオリサーチ調べ)

 

出演者

  • 佐藤夕美子
  • 大場泰正
  • 樋口可南子
  • 比嘉タケル
  • 風間杜夫
  • 美木良介
  • 小沢真珠
  • 塩見三省など

放送期間:1997年10月6日~1998年4月4日

 

【甘辛しゃんのあらすじ】

NHKではじめて阪神大震災がドラマに登場しました。

阪神大震災から2年あまり経過した1997年(平成9年)に

放送された『甘辛しゃん』でした。

 

タイトルの『甘辛しゃん』はしゃんとあがった秋晴れ

の味を意味する表現です。

灘で作られた最高の酒を例える言葉です。

 

物語のスタートは丹波篠山地方の農村にすむヒロイン神沢泉(さとうゆみこ)

実家は農家であったが、父は農閑期に日本酒造りの杜氏を

生業としていました。

 

父を出稼ぎ先の灘で交通事故で亡くした泉は母と2人で暮していました。

そんな夏のある日、泉は川遊びをしているときに、灘の由緒ある

造り酒屋として知られる、榊酒造の当主の孫である拓也と出会う。

 

その年の秋、彼女の暮らす村を台風がおそいました。

その影響で水田と家をなくし、途方に暮れる泉たち母娘

 

彼女たちに救いの手を差しのべたのは、父のかっての杜氏仲間。

榊酒造に住み込みで働くことを提案されたのです。

 

悩む母娘であったのですが、その申し出を受け入れたのでありました。

榊酒造での生活は、造り酒屋の独特の習慣やタブーに慣れず苦しみ

数々の偏見や困難にもぶつかります。

 

しかし生前の父の夢「しゃんとあがった味」。泉はこのこの夢を

果たすため「しゃん」とした純米吟醸酒づくりを目指すのでありました。

 

本作は、連続テレビ小説の中でも異色な展開です。

とくに物語の中心を描く恋愛模様は、義理の姉の泉と

弟の拓也禁断の恋を描いたものです。

 

ふたりは結婚しますが、物語終盤で阪神・淡路大震災

が発生し、拓也は蔵の下敷きになって亡くなってしまいます。

 

ヒロイン・泉を演じたのは佐藤夕美子。

彼女は1863人応募したオーディションから選出され、この作品で

芸能活動を再開しました。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

関連記事

『クローズアップ現代』で放送混合診療の行方、問題点はどこに

古谷完(日本ツインテール協会会長)のwikiやプロデュース活動は?

五味洋治は離婚している?「金正男」との関係は150通のメール?東京新聞編集委員

めぐみさんは新人下着デザイナー「#nakedEve」新番組に出演!自分には自信が...

マツコの知らない世界「スノーロイヤル スペシャル」2000ml、冬でもいける

信太真妃 のプロフィールや出身 や本名出演作や画像を紹介!