近藤知之(トンボ社長)の学歴や年収!どんな人?社歴や年商は?

6月9日のカンブリア宮殿では

株式会社トンボの代表取締役社長の

近藤知之さんが出演されます。

トンボは岡山県が地盤の学生服メーカーです。

誰もが一度はお世話になっているかもしれません。

日本人であれば、生まれてから一度も学生服を着用したことのない人は

恐らく少数だと思います。

また学生服の大手は4社あり、トンボはその4社のうちの1社他に

㈱明石スクールユニフォームカンパニー(富士ヨット学生服)、

瀧本(スクールタイガー学生服)、

菅公学生服(カンコー学生服)

があります。

 

近藤知之の学歴や経歴や年収は

年齢:60歳

最終学歴:中央大学文学部卒業

資本金:2億6187万円

売上高:約258億2000万円(2014年6月度・連結)

規模はこの会社は上場していないだけで大企業と同じ

社長の年収は5000万円~1億円程度でしょう。

 

趣味:土いじり、ガーデニング

フリンクスの収集100個ほど集めているらしい

座右の銘:「万巻の書を読み、万里の路をいく」

書物の勉強や実地の勉強も重要と考えています。

ドレスシャツが好きという、いかつい雰囲気からは

想像できないですが、おしゃれなナイスミドルです。

社歴

1980年:テイコク株式会社入社

1999年:営業統括本部販売統括部長拝命

2001年:取締役営業統括第一営業本部長

2003年:常務取締役

2010年:専務取締役

2012年:代表取締役社長

 

近藤知之氏が入社時に落司量則会長が係長の時に、

営業ノーハウを徹底的に叩き込まれます。

 

社内からは”昼夜を分かたぬ営業”ライバル他社からは

”要注意人物”として恐れられました。

近藤知之さんは営業端をずっと歩いてこられました。

営業一筋のひとです。

 

トンボ学生服の概要

1876年に現在の岡山県玉野市八浜で創業。

足袋の製造を開始すると共に、1924年に帝国足袋株式会社に改組。

1930年より学生服の製造を開始しました。

1955年には同社が製造する制服のブランド「トンボ」に制定しました。

スポンサーリンク

 

近藤知之の考え方

 

国内生産へのこだわりが強い

 

現在、日本で流通している衣服の90%以上が中国を中心
とした東南アジアで生産された海外製品である事は、
ご周知のとおりです。
反面、トンボが販売する商品は、
90%が国内生産である事を知って頂きたいと思います。
トンボは国内生産が主体の学生服メーカーなのです。
その要因は、まずトンボが取り扱っている商品の大部分が
学校の生徒さん達が着用する制服・体操服である事です。
毎年4月1日から10日までの間に、全国の殆どの学校で
入学式が執り行われます。トンボの制服・体操服の納品校
は約10,000校ありますので、その学校の新入生達を
対象として誰一人納期遅れする事なく、ご満足頂ける
商品をお届けしなければなりません。地域によっては3月
の下旬に合格発表のある高校もございます。納期厳守
がトンボの使命なのです。
当然ながら学校毎に制服は違う訳ですから、多品種、少量、
短納期の生産が、海外で出来る筈もありません。
またその
時期だけ国内の工場を稼働させる事は人員の確保も
不可能ですし、コスト高につながり採算が合わなくなります。
年間を通じて稼働出来る縫製工場を国内に確保している
事が、当社の最大の特徴であると言えます。
当社では今年7月、鳥取県倉吉市に株式会社トンボ倉吉
工房を開所いたしました。最新式のミシン、アイロン
プレスを備えたブレザー専用の縫製工場です。
トンボグループの国内生産拠点としては8ヶ所目となります。
今後は新たな国内の生産拠点として成長発展させ

 

スポンサーリンク

関連記事

岩佐十良(自遊人 社長)の経歴 「カンブリア宮殿」で放送里山十帖とは

BESS(ログハウス)の展示場が人気だ場所や間取り内装は

藤野英人の経歴や著書出身大学は?レオス・キャピタルワークス社長

石見銀山生活文化研究所(群言堂)の店舗やアクセス年商や商品は?通販も

NO IMAGE

ライザップの最寄り店舗やメニュー料金一覧や保証は【カンブリア宮殿】

「カンブリア宮殿」で放送たこ満の品ぞろえおもてなし地域密着戦略とは