「ガイアの夜明け」放送浅草の商業施設「まるごとにっぽん」の戦略会議


まるごと日本について

2月2日(火)22:00~ テレビ東京系放送 ガイアの夜明けで放送

浅草の商業施設「まるごとにっぽん」の戦略会議。日本各地の「未知なる逸品」を発掘し、日本人でも驚くような商品を店内に並べようと検討を重ねる。

【丸ごと日本とは】

昨年12月浅草に作られた商業施設。初出店店舗が多くさながらふるさと納税のサテライトショップの店舗化をイメージしたかの雰囲気です。

【地方にスポットを当てた施設】

ふるさと納税の窓口のようなイメージですね。

■運営システムの特徴:腕試しの
場としての仕組み作りとサポート50地方事業者によ1階2階、4階のテナント、20市町村による3階のブース出展、施設全体を通して、大手での流通が難しい小ロット商品の販路開拓支援、初期投資を抑えたテナント出店支援など、腕試しとし
て活用してもらえる仕組みづくりをしています。テナントに合わせルールを設定し、販売の現場までコンサルティング、サポートをします。
■フロア概要
フロア業態構成フロア名称来訪の魅力
4階飲食
ふるさと応援レストラン
各地の味がしのぎを削るレストラン街。浅草の景色と旬の
味覚が楽しめる
3階情報発信
実演・体験浅草にっぽん区「旅の窓口」を
テーマにした地域資源掘り起しの場。実演や体験を通し
地域の魅力を体感できる
2階日用品暮らしの道具街
伝統技術や風土が息づく、地方発の生活道具を販売。日
本各地に連綿と受け継がれる品々は、暮らしの知恵が詰
まった逸品揃い
1階食品
日本一の食の集積
デパ地下、スーパーにはない地方力豊かな旬の食を提
供。小ロットの商品をはじめとして、多種多様な商品を積
極的に取り扱う
市町村
の情報発信フロア
3階
「浅草にっぽん区」今回、市町村によるブース出展を募集する
「【Event space】おすすめふるさと」
を含む3階フロアは、「旅の窓口」がテーマ。
同フロアは、旅する期待感を創出するカフェ「【Cafe】M/N(エムエヌ)」、郷土料理をマスターできる料理教室「【Cooking studio】おいしいのつくりかた」と合わせて、大きく3つのゾーンで成されており、3階フロア全体を使って、その地へ旅することの魅力を発信することができます。
【賃料】
各市町村が借りることが出来るスペース20区画はい区画当たり2.7坪
各市町村のサテライトとしての利用が考えられます。
図赤枠内約2.7坪(客用通路を含む縦×横3m×3mのスペース)
※全体で約130坪、20スペース
 高機能演出照明(スペースプレーヤー)と特製展示台1台
契約期間
2015年12月~2017年3月までの16か月
契約条件
賃貸借料 固定賃料:月額15万~20万円(税別、場所により異なる)
共益費  月額1万円/月(税別)
展示品販売の売り上げ手数料 売り上げの15%(税別)
※標準的な内装、什器は運営会社側で用意します。
 その他、市町村ごとのイベント実施等は別途料金体系があり

まとめ

月坪家賃は6万前後ですね、地方の人間からいえば高いです。管理人地元は関西です。駅前一等地で月坪2~3万くらいでしょうか。東京と一緒にするのは間違いでしょうけど。

開業後1か月経過しています。売り上げの方はどうなんでしょうか?

放送を見たいと思います。

スポンサーリンク

 

関連記事

【ガイアの夜明け】マクアケの製品キークエストが秀逸!ストアでも注文可

NO IMAGE

『ガイヤの夜明け』中村製作所の社歴や製品山添卓也社長の経歴は

高田耕造商店のたわし枕!「悟空のきもち」通販や効果や価格について

高橋一也(伝統野菜販売者)の経歴や家族!伝統野菜へのこだわりは?

ジップライン!アドベンチャーイケダの日本一のアトラクションとは?

「サカナバッカ魚屋」の店作りや場所?フーディソン山本徹の経歴は