ゼットン事業部長松山竜造挑戦!社名の由来や店作りは?【ザ・ノンフィクション】


70店舗以上の飲食店を運営する株式会社ゼットンの鈴木伸典社長と、松山竜造事業部長の姿を追う。突然一大プロジェクトの責任者に抜てきされた松山部長が奔走する日々に密着。

プレゼンする度に社長から駄目出しをされる松山部長だったが、抜てきされたのには30年の時を超えたある理由があった。

 

30年の時を超えるということは社長が16歳、松山竜造さんが15歳中学生か高1?

なんのつながりが?義理の兄弟かも?

この謎は番組で。とにかく松山竜造部長は同時進行で5つのプロジェクトを任されるが・・・鈴木伸典社長からダメ出しのあらし。

スポンサーリンク

 

株式会社ゼットン(英: zetton Inc.)は、東京都港区に本社を、名古屋市中区に本店を置く外食チェーンである。

会社設立は1995年(平成7年)10月26日
2016年(平成28年)9月1日 – 株式公開買い付け(TOB)により、ダイヤモンドダイニングが42.0%の株式を取得しその他の関係会社となる

ゼットンはTOBをかけられた方で、今現在ダイヤモンドダイニングの子会社に近い関連会社になっている。

社名の由来は、”Foods & Drinks”を日本語化した「舌で味わい、のどで呑む」=「舌呑」(ゼットン)である。

 

業務形態には、カフェ、レストラン、バー、ブライダル、和食がある。また、全ての店舗の造りが異なるのが特徴

株式会社 ゼットン

鈴木伸典社長のポリシー

私たちゼットンは、『店づくりは街づくり』の企業理念の下、創業時から出店場所並びに物件の特性に合わせた店創りにこだわり、お客様の喜びを具現化する企業でありたいと務めて参りました。

我々独自の店創りと共に、ゼットンを支えてきた根幹には、いつも”人”の存在があり、”人”が輝き成長することが、当社の成長でもありました。

 

スポンサーリンク

ゼットンお手軽BBQ

六本木アークヒルズサウスタワー
都心でBBQできるビアガーデンが誕生

六本木アークヒルズサウスタワーの屋上庭園スカイパークに、手ぶらBBQ(持ち込みコースも)ができるビアガーデンが誕生。

都心にありながら開放的で緑豊かな屋上庭園。
BBQグリラーとテーブル席や、ソファーをセッティング。料理は厳選した肉や野菜のバーベキューや、地下でお好みの肉を買って持ち込めるプランも。アラカルトとお酒だけでも利用可能。
ひと味ちがった都会のバーベキューが楽しめる。

 

1. 出店場所並びに物件の特性に合わせた店創り

したがって店名は多岐に渡っている。

  • 東京 銀座gz
  • 東京 銀座gindachi
  • 東京 六本木六七
  • 東京 渋谷神南軒

 

一例をあげれば上のような店名がつけられています。
チェーン店によくある

● ● ●   銀座店

● ● ●   六本木店 このような店名の付け方は行っていません。

 

関連記事

嵜本晋輔(SOU)社長は元Jリーガー店舗場所やマザーズ上場情報も

江草仁貴は引退後介護の仕事へ今現在の収入やプロでの最高年収は

大江憲一郎(パークハイアット東京『梢』料理長)の場所や予算は!

NO IMAGE

18歳選挙権。メリット・デメリットより責任ある投票行動を!!

吉村泰輔の学歴や年収は?(コパ・コーポレーション代表)アキバ発の実演販売会社

針すなおの現在合気道の腕前やプロフィール!道場や動画は?