和牛職人赤坂本店のアクセスや口コミやお一人様女子に人気の店【マツコ会議】


マツコ会議 お一人様女子に人気!29分食べ放題焼き肉店に潜入!

2019年6月22日(土)  23時00分~23時30分

和牛職人赤坂本店

「いきなり! ステーキ」の台頭により、ここ数年、肉を求める人は1人でステーキを食いに出かける機会が増えている。2019年はその流れが少し変わってきそうだ。昨年高級焼肉店「KINTAN」などを手掛けるダイニングイノベーションが、1人焼肉のお店「焼肉ライク」を出店したことをきっかけに、「1人ステーキ」 → 「1人焼肉」にシフトする気配がしている。

その流れを加速するようなお店が、2018年12月にオープンしていた。そのお店「和牛職人 赤坂本店」では、29分間黒毛和牛食べ放題! もっとも安いメニューは1500円から。

スポンサーリンク

 

和牛職人赤坂店の口コミ

この日はひさしぶりに赤坂見附へ。

赤坂見附、実は通っていた高校がこのあたりにあったので、なかなか馴染みのある土地ではあります。
それにしても赤坂見附ってのは、移り変わりの激しい東京にあって、街の景観がほとんど変わらない不思議な街だと思うのです。
高校に通っていたと言うのがもう30年も前の話なんですけど、当時からこんな感じで。
駅前の「赤坂エクセルホテル東急」、当時は「赤坂東急ホテル」と言いましたが、名称は変われど独特の外観はそのまま。

そう言えばこの「赤坂東急ホテル」で深夜にアルバイトもしていました。
最上階にバーがあって、よく閉店後のバーで冷蔵庫のなかのカマンベールチーズ開けては勝手に喰ってました。すんません…。

そんな思い出の赤坂見附、この夜はこんなお店へ。
「和牛職人」。
2018年12月にオープンしたばかりの新しい焼肉レストランです。

エレベータで2階にあがり、エレベータの扉がひらけばそこはすでに店のなか。
右手には券売機。
焼肉屋さんで券売機?
そうなんです、券売機があるのです。

「和牛職人」はユニークな「29分食べ放題」と言うシステムがウリの焼肉レストラン。
そのメニューは基本的に3種類のみ。

・【29分間食べ放題!】合せ盛り (2,000円・税込)
・【29分間食べ放題!】赤盛り  (2,500円・税込)
・【29分間食べ放題!】特選赤盛り(3,000円・税込)

券売機にお金を投入し、ぼくがチョイスしたのは価格的に中間の「赤盛り」。

・【29分間食べ放題!】赤盛り  (2,500円・税込)

29分間焼肉、ご飯、スープ、キムチが食べ放題となります。

座席はカウンター席のみ。
2人に1台のロースターが設置されています。

待ちに待った肉皿の到着です。こちらで300gあります。
「和牛職人」、食べ放題、しかもリーズナブルな価格帯ですが、使われている牛肉はすべて黒毛和牛と言うこだわりよう。
これは楽しみですね。
カウンターに置かれた砂時計がひっくり返されて、食べ放題スタート。

さっそく焼いていきましょう。

ロースターはヘルシーロースター社のものを採用。
熱源は焼き網からちょっと離したバーナー。

この丸パイプの焼き網にもノウハウがあって、パイプの中に水が通る水冷式になっていて、焼き網の温度が過度に上がらないようにコントロールされているそうです。焼き網の温度が低いので、バーナーから離れた真ん中に肉を置いてもあまり焼けません。

網に置いた瞬間にジュッと言わず、遠火で優しく焼き上げるイメージです。
また焼き網は弓なりの形状で、脂が真ん中に落ちるように設計されていて、直接火に脂が滴らないので、煙も少ないですね。

こう書くと良いことづくめのように思えますが、そうですね、ぼくなら普通の、昔ながらのガスのロースターで良いかな?

そうそう、肝心のお肉です。

もみだれもつけだれも甘さを抑えたキリッとした味わい。
黒毛和牛の味わいを活かした風味と言うこともできますが、ぼくの個人的な好みでは、もう少し下世話な感じで甘さも香味野菜ももっと効かせて、パワフルな味わいのほうが良いかな。
いや、これはこれで悪くないですけどね。

300gの肉皿はもちろん平らげて、肉をお代り。
お代りは0.5人前ずつ提供されます。

ここまで頂いて25分くらい。急げばあと一度くらいお代りできたかな?
でも25分食べ続けるとまあまあ満腹です。

29分とは言え、このお値段で黒毛和牛が食べ放題と言うのはなかなかチャレンジングなコンセプトですね。

ひとりでも入りやすいですし、手軽に気軽に肉チャージしたいときには「アリ」ですね。

───────────────────
・店名   和牛職人
・住所   東京都港区赤坂3-10-6
LuLudAKASAKAビル 2階
・電話   03-5544-8293

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ラストオーダーは30分前

お店は東京メトロ赤坂見附駅から徒歩約1分。赤坂の小劇場「レッドシアター」のすぐそばだ。建物の2階にあり、「29分間おかわり自由」と書かれた看板が目印。

私が訪ねたのは、2月の終わりのある日のことだ。ランチの営業は11時~14時。ラストオーダーは閉店の30分前なのだが、私は13時32分に入店してしまった。すでに片づけに入ろうとしていた様子だったのだが、快くお店に迎え入れてもらえた。ありがたい。


最安価格は1500円

入店すると、まずは券売機で食券を買う。メニューはヒレ・サーロイン・リブロースの入った特選赤盛(3000円)。カルビ・ロースなどの赤盛(2500円)。ホルモン・レバーなどを入れた白盛(1500円)。それに数量限定のタン盛(3000円)だ。肉の量は200グラムでも300グラムでも同一価格。

おかわりの仕組みはちょっと意外だったが、それでも肉質が良いから十分に満足である。1人焼肉にも食べ放題の流れが来ている。この先、さらに進化した1人焼肉店が登場するに違いない。2019年は1人焼肉が活況を呈しそうだ。


 和牛職人 赤坂本店アクセス

店名 和牛職人 赤坂本店
住所 東京都港区赤坂3-10-6Lulud AKASAKA2階

営業時間 11:00~14:00 / 17:00~23:00(ラストオーダーは営業終了の30分前)
定休日 日曜日

 

スポンサーリンク

関連記事

松島由美さん一家は卓球一家!夫は鬼コーチ子供には日の丸をぜひ

秋元梢が案内を九重親方の監修の店!場所はどこ?評判や口コミも

ヘアリセッターの口コミやハサミや講習会!メリットとデメリット

益田祐美子の映画『風の絨毯』を作った理由やあらすじは【激レアさん】

錦戸親方(元関脇水戸泉)の結婚は初婚?夫人はソプラノ歌手の小野友葵子

山西惇の結婚や経歴や映画は?芸名は高校時代の先輩から拝借