山口憲昭医師はイケメン結婚は?形成外科と美容外科の違いは何?


どうですか?やはりイケメン!

スポンサーリンク

 

ザ・ノンフィクション
フジテレビ系列 3月3日(日) 14:00~14:55
山口憲昭(やまぐちかずあき)医師が出演。

美容整形の世界でカリスマと呼ばれる一人の男。山口憲昭医師、37歳。
かつては形成外科医として、世界各国を飛び回り、主に先天異常を持って生まれた子供たちの手術を数多く担当。

しかし、ある理由から、3年前に美容外科医へと転身。日本では数少ない、骨を手術できる美容外科医となった。

そんな彼のポリシーは、「本当に美容整形が必要な人にしか手術はしない」こと。そのポリシー故に患者の希望のままに手術を行うことも多い美容整形業界の中で、
彼は患者と徹底的に本音で向き合い、時には手術を断ってしまうこともあります。
これが山口憲昭医師です。

美容外科という仕事人間の深い悩みの上にある職業。
対応を誤りいい加減な仕事をすると人の生死まで左右する可能性を持っています。

 

さぞかし美人な奥さんが?と思いきやまったく情報もなく。
結婚されているかどうかさえもまったくわかりません。
しかし医師としてのハードワークを支えるためには

奥様の存在は不可欠かなと思うのです。

スポンサーリンク

山口憲昭医師のプロフィール

  • 2006 年/ 京都府立医科大学医学部卒業
  • 2006 年/ 沖縄県立中部病院・初期研修
  • 2008 年/ 神戸市立医療センター中央市民病院
  • 2009 年/ 岡山大学病院 形成再建外科 医員
  • 2011 年/ 大阪市立総合医療センター 形成外科
  • 2013 年/ 大阪市立総合医療センター 小児形成外科・形成外科兼務
  • 2015 年/ Chang Gung Memorial Hospital Craniofacial Center International Fellow
  • 2016 年/ 湘南美容クリニック
  • 2018 年/ Regno Clinic SBC 銀座院 院長

あのCMバンバンの湘南美容クリニックにも在籍されていました。

形成外科と美容外科の違いとは

海外では形成外科と美容外科の間に明確な線引きがなく、シームレスに治療と施術が行われています。純粋に、サービスを受ける側が選択し、そのサービスを提供することができる仕組みとなっているからです。

本来病気を治療する病院と、美しさを求める美容というものが、日本では保険制度の下で、明らかな線引きをされています。
一方で、病気や整容的なコンプレックスを抱えている方には、どこからが病気で、どこからが美容かといったことをバシッと線引きをすることはできないからです。

医療機関の定義では整形外科は身体を自分の意思で動かすための運動機能を治療する外科で、一方の形成外科は異常を伴う身体の見た目を治療する外科、と明確の定義されています。

形成外科は運動器」の機能的改善を重要視して治療する外科で、背骨と骨盤というからだの土台骨と、四肢を主な治療対象にしています。

生まれながらの異常や、病気や怪我などによってできた身体表面が見目のよくない状態になったのを改善する(治療する)外科で、頭や顔面を含めたからだ全体を治療対象としています。

熱傷(やけど)の治療、怪我や手術後の皮膚の瘢痕・ケロイドや生まれつきの母斑(あざ)の治療、皮膚や皮下の腫瘍の切除、眼球がおさまっている骨のくぼみやほほ骨などの顔面骨折の治療などが、形成外科の一般的な治療です。

形成外科から発展した美容外科は、フェイスリフトや脂肪吸引、二重まぶたや鼻を高くする手術、最近よく耳にするプチ整形など機能的には何の異常もない健康な部位を治療する分野で、形成外科とは違い健康保険の適用外になります。

スポンサーリンク

関連記事

日本相続学会副会長吉田修平(弁護士)のプロフィール【クローズアップ現代】

野村忠寿(野村忠宏の兄)のプロフィール!柔道をやめた理由は?

NO IMAGE

椿朋海(バルーンアーティスト)が若く見える理由はなんと自己投資?

小林凛はランドセル俳人と呼ばれる!俳句や経歴!いじめで不登校中

塚原利夫(元日航機長)の経歴や今現在!東亜国内航空機胴体着陸事故について

ロナルド・コットンは冤罪事件で11年の服役!被害者ジェニファーは?