松浦市『ガーデンCafe柞の木』の場所やおすすめメニュー!開店の理由


1月27日人生の楽園

長崎・松浦市
~ 青のまちの憩いカフェ ~

海と山が見える素敵なカフェを夫婦2人で
営む松永良二さん(60歳)と妻の京子さん(59歳)が主役

海と山が美しい立地のカフェです。

長崎県松浦市が舞台。2016年に松浦市へUターンし、
2017年4月『ガーデンCafe柞の木(いすのき)』
を始めました。

松浦市で生まれ育った良二さんは、
18歳で上京し電気設備会社に就職します。

3年後に名古屋に転勤になり、
そこで知り合った京子さんと25歳の時に結婚。
3人の子どもがを授かりました。

『ガーデンCafe柞の木』

Cafe柞の木の場所

ガーデンCafe柞の木(いすのき)

〒859-4507
長崎県松浦市志佐町庄野免1066
TEL:0956-37-8415
西肥バス「庄野」バス停より徒歩8分
松浦鉄道「松浦駅」より車で5分(駐車場12台あります)

 

ミルクセーキ     500円

 

スペシャルティコーヒー ¥500


エチオピア・イルガチェフェG-1

ぶどうのようなフルーティーさとしっかり
した飲み心地が特徴です。
コーヒー豆の個性を余すところなく楽しめる
《フレンチプレス》でご提供。

焙煎度合 ★★★★★☆☆☆
(シティロースト 深煎り)
地域:エチオピア 南部諸民族州
標高:1,780m~1,870m
各付:G-1
精選方法:ウォッシュド・天日乾燥
栽培品種:エチオピア在来種

松永良二さんがカフェを始めた理由

松永良二さんは32歳の時に電気設備工事の会社を自営することに
毎年、家族で帰郷し同級生たちと旧交を温めた松永さん。

かつて松浦市は炭鉱町として栄え、
映画館や喫茶店などもたくさんありましたが、
帰省のたびに町は少しずつ寂しくなっていきました。

今はかっての賑やかさはありません。

“生まれ故郷を少しでも活気づけたい”と、
良二さんはみんなが集まれる喫茶店を開く計画を立て、
準備を始めます。

経営はともかくみんなが集まる場所を提供したい。
自宅を売却し、実家近くの土地を購入。
自宅兼店舗を建てることにしました。

本格的な店舗を作る事を考えたのです。

基礎の土木や大工、水回りなどは同級生が担当、
電気工事は良二さん自らが行いました。
松永良二さんの電気工事の技術が役立ったのです。

2016年12月に夫婦で松浦市にUターンを果たし、
2017年4月1日に『ガーデンCafe柞の木』を
オープンしました。

スポンサーリンク

ガーデンCafe柞の木の名物メニュー

カフェの看板メニューは長崎県特有の食べるミルクセーキ。
地元で作られたおいしい氷と、カフェの向かいにある
農園の新鮮な卵を使います。

他にも、良二さん特製のシフォンケーキや
京子さん特製の山芋がたっぷり入った
お好み焼きやナポリタンがあります。

 

柞の木ってどんな木?

イスノキって?

本州、伊豆半島以西から四国・九州
それに台湾や中国に分布しています。

暖地の海岸沿いに生え、剪定にも強いため、
よく生垣に利用されます。
葉は長楕円形で柄があり互生します。

3月から4月ごろ、葉腋から総状花序をだし、
赤い花を咲かせます。

花序の上部にあるのが両性花、
下部のが雄花ですが、
花弁はなく赤く見えるのは雄しべです。

 

関連記事

山田泰珠(揖斐川町)の「茶の実オイル」の販売場所や効用や作り方

ペンション“ALPEN ガストホフ らんたん”の場所や特色は!料金や予約状況も

千舎の木(ちしゃのき)は津和野の農家レストラン!名産栗の菓子を紹介

カフェ「サンセットミラージュ」(松山市)のアクセスやメニュー!自慢はなに?【人生...

浜村美智子の今現在や若い頃の画像!バナナボートや監獄ロックを紹介!

もぎたてフルーツ工房 土里夢の場所や商品!シャーベット通販は?