宮田宣也(みこし制作修理)のは!趣味はお祭りで担ぐ【マツコの知らない世界】


スポンサーリンク

10月31日 マツコの知らない世界

「お神輿の世界」宮田宣也さんが出演します。
宮田宣也さんは自ら神輿(みこし)の修理制作を行う傍ら、神輿制作をおこなってきました。

筑波大学大学院を修了しており、かなり勉強ができることが分かりますが、一般企業に就職するも、たった4ヶ月で退職してしまいました。一般企業の仕事が会っていなかったのか?おじいちゃんがやっていた神輿制作の仕事に興味を持ったのかはわかりませんが!!

2014年,彼の祖父が作った神輿が震災をきっかけにフランスへと渡りました。

フランスで2度,神輿が上がり2016年,ドイツ,ベルリン。

100万人を超える観衆の前でもう一度神輿が上がりました。

そして2017年6月,彼はまたベルリンへと神輿を上げに行きます。宮田が祖父から伝えられ,各地の祭りに行き見た「祭」「神輿」とは宮田宣也さんにとってどんなものなのか?

 

みこし作りは、みこし職人をしていた祖父の影響で始めた。東日本大震災のボランティアでみこしを作ったり、海外のイベントで外国人とみこしを担いだりするなかで気づいたのは「担ぎ手たちの心を一つにして、感動を呼び起こす」というみこしの持つチカラです。

そのチカラに賭けてみようと、就職はせず、祭りの世界に飛び込む決意をした。それから2年、宮田さんは各地の祭りを行脚し、そこで知り合った人たちからみこしの修理や製作を頼まれたり、祭りの存続を危惧する神社の相談を受けたり、いわば祭りアドバイザーのような存在にまでなった。

 

この秋、新しい仕事の依頼が。地域の祭りを盛り上げたいという自治体から、祭りの魅力を語るセミナーの講師を頼まれたのだ。そこで耳にしたのは、「地域の行事に無関心な若者が多く、祭りの存続が心配だ」という地元民の声。こんな声に答えて祭りのコンサルタントの仕事も徐々に入ってくるようになりました。

 

宮田宣也 のプロフィール


氏名:宮田宣也(みやたのぶや)

年齢: 31歳(2017年10月時点)

出身地: 神奈川県横浜市

居住地: 茨城県つくば市

趣味: 詩画、料理、サバイバル、スキューバ、釣り、素潜り、マラソン、富士山頂でこたつ鍋

特技: 極真空手、木工細工、陶芸、書、ロゴデザイン

高校: 桐蔭学園高等学校卒業

最終学歴: 筑波大学大学院修了

職業: 神輿製作、山車製作
スポンサーリンク

関連記事

松永直樹(ボードゲームソムリエ)の経歴は?彼が日本の「人生ゲーム」を紹介

プリンセス天功の事故画像!現在は?すっぴん画像や北朝鮮との関係は

須藤雄生は絶対フォント感を持つ数学教師!フォントの種類は?希少フォントは? 

水橋春夫は元ジャックスにいた!及川眠子一押しのプロデューサー

セカンドパス(トレーナー養成学校)の宮城島大樹はボディービルダー?場所は

田辺直樹(食虫植物愛好会)のプロフィールや職業は?興味をもった理由は?