4代目桂文字助の経歴や立川談志とのエピソード!破滅型落語家?【爆報THEフライデー】


爆報!THE フライデー【因縁・再会・謎の晩年…緊急2時間SP】

2017年9月22日(金)  19時00分~20時57分

元笑点メンバーが妻や子供に逃げられ生活保護を受けていた!

彼の名前は桂文字助さんという落語家。いまは廃業して生活保護を受けているという触れ込みですが・・・

あまり悲壮感を感じないと言うか?

桂文字助さんは立川談志さんに師事していた時期もあります。

 

4代目桂 文字助(かつら もじすけ、1946年2月13日 – )は、東京都江東区出身の落語家。落語立川流に所属していたが、2015年に脱退。本名、松田 治彦(まつだ はるひこ)。

神奈川県立神奈川工業高等学校卒業。出囃子は『外記猿』。

「落語立川流きっての武闘派」「相撲噺のスペシャリストと評されます。

故立川談志さんとのエピソードは枚挙にいとまがないのです。
昔の落語家ですね。エピソードが。

立川談志の一目おいていたのかもしれません。
この桂文字助師匠は立川談志が好きそうなタイプです!

 

 

桂文字助のプロフィール

本名 松田 治彦
生年月日 1946年2月13日(71歳)
出身地 東京都江東区
師匠 6代目三升家小勝(1964年 – 1971年)
7代目立川談志(1971年 – )
名跡 1. 三升家勝松(1964年 – 1971年)
2. 立川談平(1971年 – 1980年)
3. 4代目桂文字助(1980年 – )
出囃子 外記猿
活動期間 1964年 –
活動内容 古典落語
所属 落語協会(1964年 – 1983年)
落語立川流(1983年 – 2015年)
文字助組(2015年 – )

7代目立川談志の総領弟子であるが、師匠・6代目三升家小勝死去による移籍(1971年)のため、最初に談志に入門したのではない。そのため、実質的な談志一門の総領弟子は最初に談志に入門した10代目土橋亭里う馬であり、談志没後の落語立川流代表には里う馬が就任しています。

 

相撲噺を演じることが多い。

これは本人の談によれば、かつて文字助が師匠・談志の相撲噺におかしな部分があったため意見した際、談志から「それならオレは今後相撲の噺はしない。その代わり、お前は明日から相撲の噺だけをしろ」と命じられたためとのこと。

文字助は実際に相撲部屋へ稽古を見に周るほどの相撲研究家であり、歴代横綱を言い立てる芸も持っています。本当に相撲がすきなんでしょうね。

 

桂文字助と立川談志エピソード

立川談四楼さんのツイッターより

 

なかなか態度がでかいです。文字助師匠

 

 

 

結婚式の司会が非常にうまかったらしい!!

 

【まとめ後記】

立川談四楼さんのツイートをみても、桂文字助さん本当に面白い人です。

魅力があります。談志師匠に可愛がられたというのもわかる気がします。
番組予告では少しやさぐれた様子が写っていますが、テレビで活躍してほしいが・・・

奥さん子供は結婚7年で借金をして飲み歩いてる文字助に愛想を尽かしてでていった。

 

酒を飲みすぎて異常酩酊という病気なのです。

テレビの枠には収まらない芸人さんなのかもしれませんね。残念!

 

関連記事

さかもと未明の夫や結婚は?発達障害の病状や横田滋さんとの関係は?

鐘ケ江管一元島原市長TBS爆報!THE フライデーに出演あの髭はまさか

【爆報!THE フライデー】イノシシの『うり坊』とサルの『みわちゃん』のロデオ姿...

松木路子(永野路子)の今現在経歴や国際結婚!昼どら帝王

広部俊明カメラマンの妻や子供は?出身大学が気になる!

中村メイコの年齢は?病気との噂も豪邸の自宅を手放したワケはなぜ?