宮嶋康彦(写真家)の趣味はたい焼きの魚拓!経歴や写真集は【マツコの知らない世界】


 

スポンサーリンク

 

宮嶋康彦さんはプロのカメラマン。風景や動物の写真を得意としています。
たい焼きで魚拓をとるようになったきっかけは、
あんこが大好きで甘党の宮嶋さんが、釣った魚を魚拓にしていたとき
余った墨で、近所で買ったたい焼きで魚拓を取ってみたことだそう。

最初はシャレで作っていました。

当初は洒落で居間に飾っておいて、来客が魚種を尋ねた時に言って反応を楽しんでいたそうですが
徐々に日本全国のたい焼きを魚拓に取るようになったそうです。

麻布十番の浪花家や、人形町の柳屋などの金型が一匹のものを「天然物」、
いっぺんに何匹も焼ける鉄板タイプを「養殖物」としましたが、
どちらも味は決められない物であると宮嶋康彦さんは言います。

魚拓を取ると、目で見ただけでは見えにくい模様がくっきりと浮かび上がります。
目で見えるものだけではなくて、拓に取ることで、たい焼き屋の歴史まで浮かび上がってくるのだそう。

 

魚拓はたい焼きを買った直後に行い、墨がついた部分は干物にして保存し、残りは食べるそうです。
魚拓は半紙を綴った本の形で保存しています。

しかし天然物のたい焼きはもう絶滅危惧種になりつつあるのです。

 

 

写真家宮嶋康彦の経歴

宮嶋 康彦(ミヤジマ ヤスヒコ)
1951年長崎県生まれ。文章の富と写真の富を融合させて、新たな富を創出する試みを続けています。

原料の楮(こうぞ)から育てた自作の手漉き和紙に、プラチナプリントを行う作品を制作。
受賞歴に、85年「ドキュメントファイル大賞」がある。主な著作に『脱「風景写真」宣言』、『写真家の旅』、『汎自然』、『母の気配』などがある。宮嶋康彦写真塾主宰。立教大学異文化コミュニケーション研究科兼任講師を歴任。東京造形大学写真専攻領域講師。

 

宮嶋康彦写真集

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あおぞら
価格:1363円(税込、送料別) (2017/8/22時点)

 

 

スポンサーリンク

関連記事

林瑞季(ホットケーキミックス)のレシピ本や経歴!拒食症で23kgの過去?

石井裕(県境マニア)の経歴や著書!何してる人【マツコの知らない世界】

宮田宣也(みこし制作修理)のは!趣味はお祭りで担ぐ【マツコの知らない世界】

プリンセス天功の事故画像!現在は?すっぴん画像や北朝鮮との関係は

新生みゆきが崖女(がけじょ)になった理由は?崖の楽しみ方は?

水橋春夫は元ジャックスにいた!及川眠子一押しのプロデューサー