アリス紗良オットの母は有名人で美人?関西コンサート予定は


スポンサーリンク

5月23日 セブンルールの主役はアリス紗良オットさんです。

美人ピアニストとして最近メキメキ売り出し中ですね。

コラボアルバムがiTunesチャート25カ国で1位を獲得!世界が注目するピアニストのコンサート舞台裏や自宅のあるドイツ・ベルリンでのオフに密着!音楽で世界を繋げたい…と願う彼女の7つのルールとは?

ドイツ人の父と日本人の母の元、ドイツ・ミュンヘンで生まれ育ち、4歳の時に自らの意志でピアノを始めました。

幼い頃からヨーロッパを舞台に活躍する彼女がピアノを弾く理由とは?

今現在ベルリンで一人暮らしをしています。

アリス紗良オットの母や関西でのコンサート予定を紹介します。

母親もピアニストで、さぞお母さんがご熱心にピアノを教えたんだろうと思うのですが、実は、アリスさんにピアノを勧めたのは、母親ではなかったそうなのです。

こんな逸話が残っています。

アリス紗良オットは3歳で早くも言葉で表現できないことを、ピアノで表現できると気がついたそうです。

5歳の時、ミュンヘンで2700人くらい入るホールで演奏。

1分位の短い曲を引き終わり、立ち上がった瞬間、お客さんの盛大な喝采をあびて、自分の言いたいことが全部つたえられたという満足感に満たされたのです。

彼女の場合言葉よりピアノ演奏だったのです。

アリス紗良オットのプロフィール

アリス=紗良・オット(アリス=さら・オット、Alice-Sara Ott)

生年月日:1988年8月 (29歳)

出身:ドイツ・ミュンヘン出身

職業:ピアニスト。主にドイツ語圏を中心とした地域におけるコンクールの優勝経験をもっています。

オーストリアのザルツブルクにあるモーツァルテウム音楽大学でカール=ハインツ・ケマリンクに師事。日本語、ドイツ語、英語を流暢に話すことが出来る。

妹のモナ=飛鳥・オットもピアニスト。

 

アリス紗良オットの母

お名前は梅山道子さんといいます

1959年生まれで57歳か58歳です。

日本人で千葉県出身で音楽大学を卒業しています。

どちらかといいますと表にでてこられないタイプ、昔の日本人の女性タイプなのでしょうか。

ドイツに住んでおられるのでもう少しオープンかなと思ったのですがそうでもないようです。

 

お母さんについて情報が少ないです。

がピアノは練習されていたそうです。

可愛い感じのお母さんですよ。

 

 

自宅にピアノがあって、私も私の母もピアノを弾いていたんです。

ピアノは自動的に受け継ぐものというのではなくて、子供にはいろんな可能性があると思いましたので、自然と興味をもつのならやらせてみようと、いろいろとやらせてみて、これをやりたいと彼女がいうならやらせてみようかと考えたんです。

お母さんは別に音楽でなくても良かったようです。

 

気がつくとアリスはいつもピアノのそばにいたようですね。・・・・できたらドイツはサッカ―の国ですので、私はアリスに、スポーツを何かやったらいいかなと考えていたんですが。

どうもお母さんはアリス紗良オットにどうもサッカーをやらせたかったようで。

ドイツだから?

アリスが全く興味を示さなかったので、あ母さんは諦めたのです。

教育方針は娘に自由に育てるような方針なのでしょう。

スポンサーリンク

アリス紗良オット関西コンサート予定は

 

2017/10/8(日)

14:00 開演 ( 13:15 開場 )

会場:ザ・シンフォニーホール (大阪府)

[共演]アリス=紗良・オット(p)
公演などに関するお問い合わせ先: ザ・シンフォニー チケットセンター:06-6453-2333

プレミアム席 25000円 、 S席 19000円 、 A席 16000円 、 B席 13000円 、 C席 10000円

アリス紗良オット受賞歴

 

2000年 グロートリアン・シュタインヴェークピアノコンクール優勝。

2001年 カール・ラングピアノコンクール優勝。

2002年 カール・ラングピアノコンクール優勝。

2003年 リンダウ・ロータリー・ヤング・ミュージックコンクール優勝、ケーテン・バッハ・青少年コンクール優勝および市長特別賞受賞。バイロイト音楽祭に招かれ、ワーグナー愛用のピアノを使用してリサイタルを開催。

2004年 イタリア・シルヴィオ・ベンガーリ・コンクール優勝(史上最高得点)、中村紘子の招きにより日本でのデビューを果たす。ドイツのramレーベルよりCDデビュー。

 

2005年 ヨーロッパピアノ指導者連盟コンクール優勝。

2008年 ドイツ・グラモフォンと専属契約を結ぶ。

2010年 「クラシック・エコー・アワード2010」にてヤング・アーティスト・オブ・ザ・イヤーを受賞。

 

ピアニストアリス紗良オットの目標

彼女は音楽家として、人間として成長していくことが目標です。

70になっても80になってもピアノを弾いていたい。

アリス紗良オットはステージに立ち続けて音楽を通してお客さんとコミュニケーションを取れたらいいなと考えています。

 

ショパン雨だれ(Chopin “Raindrop”)

 

スポンサーリンク

関連記事

宮尾哲也(富士急行企画部)は絶叫マシンを開発”ええじゃないか”

深澤里奈の離婚や再婚相手はいる?今現在茶道教室を開催!料金や場所は?

柳順一「田舎暮らしの本」編集長の経歴や特集「住みたい田舎ランキング」

岡本康裕(七田チャイルドアカデミー)で本田真凜・望結が勉強した

伊東貞三の経歴や大学昭和天皇侍医で伊東玄朴の子孫エピソードは

高島宏平の経歴やオイシックスを作った理由口コミやお試しセットは?