アスクルのLOHAKO「マナミ」さんのモデルは実在!元カスタマーセンター愛美さん

 

アスクルのサービス「LOHAKO」のマナミさんを知っていますか?

通販のお客様の問い合わせに答える人工知能です。

女性のマナミさんというキャラクターでお客様の質問に答えるキャラクターなのです。

そうお団子頭のマナミさん。

 

実はこのマナミさんには実在のモデルがいたことが判明しました。

なんでも元アスクルのカスタマーセンター勤務の女性なのです。

一般人のことで、詳しい情報は全く不明なのです。

 

ただ下の名前が『愛美』ということだけが判明しました。

管理人がわかるのは「愛美」・・・この人しか思いつきません。

比嘉愛未ただ読みが同じだが字が違う?

ほかには?いました、橋本マナミさん。でも絶対にお団子はない。

こんな感じが精一杯です。⇓  ⇓  ⇓

出典:インスタグラムmanami84808より

 

愛美(マナミ)さんが本当にアスクルに在籍していたのがスゴイ

ご存知のようにマナミさんはアップルの「Siri]という人工知能のエンジンを利用しています。

携帯電話。音声やLINEなどのテキストを利用したチャット(会話)に自動応答する「チャットボット」と呼ばれる仕組みです。

「チャットボット」はチャットとロボットの合成語。姿や形はなく、自立的に行動するソフトウエアです。

フェイスブックやLINEが2016年3月からアプリの開発環境を提供。

今年はチャット・ボット元年と呼ばれる年になるかもしれません。

 

アスクルはインタネット通販サイト ロハコで「マナミ」さんを登場させた。

マナミさんの主な仕事は、送料や注文方法の質問をAI解析し、自然な会話で返答してくれます。

 

読み取れない言葉はエンジニアが定期的に月に1度のペースで修正し進化しています。

単語の読解能力、会話がきちんと成立しているのか、もちろんボキャブラリーを増加させることにも力を入れています。

 

マナミさんのスゴイところは、注文などの質問だけでなく、お客様の

雑談にも応じてくれる所。

 

この機能でロハコのファンも増えたといいます。

マナミさんは24時間365日出勤し、お客様の対応をこなしています。

現在マナミさんは問い合わせ全体の3分の1に答えています。

 

アスクルの「マナミさん」の取り組みは、チャット・ボットの成功例となるべく日々改良が加えられています。

 

スポンサーリンク

関連記事

神奈川新聞花火大会 2017が 中止に残念な理由は何?観覧者のマナー違反が原因か

古谷完(日本ツインテール協会会長)のwikiやプロデュース活動は?

乙部綾子(筒井綾子)元ライブドア広報の今現在!結婚や家族は?

『達成する人の法則』著者は原田隆史経歴や指導法は本の感想は?

姫井由美子の現在と経歴「姫の虎退治」あと不倫騒動や政治活動は?

NO IMAGE

『HAL探偵社』SNS探偵の調査術や料金!電話相談で打ち合せを!