アスクルのLOHAKO「マナミ」さんのモデルは実在!元カスタマーセンター愛美さん

 

アスクルのサービス「LOHAKO」のマナミさんを知っていますか?

通販のお客様の問い合わせに答える人工知能です。

女性のマナミさんというキャラクターでお客様の質問に答えるキャラクターなのです。

そうお団子頭のマナミさん。

 

実はこのマナミさんには実在のモデルがいたことが判明しました。

なんでも元アスクルのカスタマーセンター勤務の女性なのです。

一般人のことで、詳しい情報は全く不明なのです。

 

ただ下の名前が『愛美』ということだけが判明しました。

管理人がわかるのは「愛美」・・・この人しか思いつきません。

比嘉愛未ただ読みが同じだが字が違う?

ほかには?いました、橋本マナミさん。でも絶対にお団子はない。

こんな感じが精一杯です。⇓  ⇓  ⇓

出典:インスタグラムmanami84808より

 

愛美(マナミ)さんが本当にアスクルに在籍していたのがスゴイ

ご存知のようにマナミさんはアップルの「Siri]という人工知能のエンジンを利用しています。

携帯電話。音声やLINEなどのテキストを利用したチャット(会話)に自動応答する「チャットボット」と呼ばれる仕組みです。

「チャットボット」はチャットとロボットの合成語。姿や形はなく、自立的に行動するソフトウエアです。

フェイスブックやLINEが2016年3月からアプリの開発環境を提供。

今年はチャット・ボット元年と呼ばれる年になるかもしれません。

 

アスクルはインタネット通販サイト ロハコで「マナミ」さんを登場させた。

マナミさんの主な仕事は、送料や注文方法の質問をAI解析し、自然な会話で返答してくれます。

 

読み取れない言葉はエンジニアが定期的に月に1度のペースで修正し進化しています。

単語の読解能力、会話がきちんと成立しているのか、もちろんボキャブラリーを増加させることにも力を入れています。

 

マナミさんのスゴイところは、注文などの質問だけでなく、お客様の

雑談にも応じてくれる所。

 

この機能でロハコのファンも増えたといいます。

マナミさんは24時間365日出勤し、お客様の対応をこなしています。

現在マナミさんは問い合わせ全体の3分の1に答えています。

 

アスクルの「マナミさん」の取り組みは、チャット・ボットの成功例となるべく日々改良が加えられています。

 

スポンサーリンク

関連記事

Dr.ハインリッヒのネタ動画やプロフィール!双子コンビは本当?」

「だし道楽」自販機は大阪で4台成田山近くにも存在レシピや通販もあります。

ハンバーガーチェーンの原産地表示を見るとわかることwebでチェック

地域特性チャートを使い自分の町を見直す!引っ越しにもEvaCvaとは?

社会人のための効率のいい資格試験勉強法、朝方生活をしよう!

クリスマスイブの意味日本と教会暦では大違い正しい意味を知ろう