西村賢太は芥川作家で私小説中心作品は?過去に番組降板歴が経歴は?


8月31日 24:12

わざわざ言うテレビ【中卒!風俗大好き!芥川賞作家・西村賢太がわざわざ言う!

作家の西村賢太さんが出演しました。

西村賢太は中卒の芥川賞作家として夢位になりました。作風はほぼ実体験に基づいた小説が多いようです。

管理人的には非常に破天荒に見える作家なのでテレビで観ていて面白いと感じています。逮捕歴もあるようですが、酒の上の粗相で、本人が極端に暴力的であるとは思えません。

 

管理人にはむしろ常識的なおとなしく小心に見えます。

 

西村賢太の経歴

氏名:西村賢太(にしむらけんた)

生年月日:1967年7月12日(49歳)

出身地:東京都江戸川区

職業:小説家

最終学歴:公立中学卒業

受賞歴:野間文芸新人賞(2007年)
芥川龍之介賞(2011年)

少年期

東京都江戸川区春江町出身。祖父の代から続く運送業者の家庭に生まれる。実家は下請け仕事が中心で、トラック3台、従業員は最盛期でも4人の零細企業だった。

父は外車マニアで、数年ごとにジャガーやカマロやクーガーなどを買い換えていたが、1978年秋に強盗強姦事件を起こして逮捕され、刑務所に収監される。このため両親が離婚し、3歳上の姉と共に母子家庭で育つ。

作品履歴

  • どうで死ぬ身の一踊り(2006年2月 講談社、2009年 講談社文庫  2012年 新潮文庫 )
    • 墓前生活(処女作・同人誌『煉瓦』28号)
    • どうで死ぬ身の一踊り(『群像』2005年9月号)
    • 一夜(『群像』2005年5月号)

 

  • 暗渠の宿(2006年12月 新潮社、2010年 新潮文庫 )
    • けがれなき酒のへど(『文學界』2004年12月号)
    • 暗渠の宿(『新潮』2006年8月号)

 

  • 二度はゆけぬ町の地図(2007年10月 角川書店、2010年 角川文庫 )
    • 貧窶の沼(『野性時代』2007年7月号)
    • 春は青いバスに乗って(『煉瓦』29号、2004年1月)
    • 潰走(『野性時代』2006年2月号)
    • 腋臭風呂(『野性時代』2006年12月号)

 

  • 小銭をかぞえる(2008年9月 文藝春秋 2011年 文春文庫 )
    • 小銭をかぞえる(『文學界』2007年11月号)
    • 焼却炉行き赤ん坊(『文學界』2008年6月号)

 

  • 瘡瘢旅行(2009年8月 講談社 2011年「廃疾かかえて」新潮文庫 )
    • 廃疾かかえて(『群像』2008年11月号)
    • 瘡瘢旅行(『群像』2009年4月号)
    • 膿汁の流れ(『群像』2009年6月号)

 

  • 人もいない春(2010年6月 角川書店  2012年角川文庫 )
    • 人もいない春(『野性時代』2008年7月号)
    • 二十三夜(『野性時代』2007年10月号)
    • 悪夢 ― 或いは「閉鎖されたレストランの話」(『野性時代』2006年6月号)
    • 乞食の糧途(『野性時代』2008年12月号)
    • 赤い脳漿(『野性時代』2010年2月号)
    • 昼寝る(『野性時代』2010年4月号)

 

  • 苦役列車(2011年1月 新潮社  2012年新潮文庫 )
    • 苦役列車(『新潮』2010年12月号)
    • 落ちぶれて袖に涙のふりかかる(『新潮』2010年11月号)

 

  • 寒灯(2011年6月 新潮社 2013年新潮文庫『寒灯・腐泥の果実』)
    • 陰雲晴れぬ(『新潮』2010年8月)
    • 腐泥の果実(『新潮』2011年2月)
    • 寒灯(『新潮』2011年5月 )
    • 肩先に花の香りを残す人(『東と西 2』(2010年7月 小学館))

 

  • 棺に跨がる(2013年4月 文藝春秋 )
    • 棺に跨がる(『文學界』2012年5月)
    • 脳中の冥路(『文學界』2012年7月)
    • 豚の鮮血(『文學界』2012年11月)
    • 破鏡前夜(『文學界』2013年2月号)

 

  • 歪んだ忌日(2013年6月 新潮社 )
    • 形影相弔(『en-taxi』vol.37 WINTER 2012)
    • 青痣(『新潮』2012年1月号)
    • 膣の復讐(『週刊ポスト』2011年12月2日号)
    • 感傷凌轢(『新潮』2013年1月号)
    • 跼蹐の門(『文學界』2013年5月号)
    • 歪んだ忌日(『新潮』2013年5月号)

 

  • 疒(やまいだれ)の歌(2014年7月 新潮社 )
    • (『新潮』2013年10月号、12月号、2014年1月号、3~5号)

 

  • 無銭横町(2015年2月 文藝春秋)
    • 菰を被りて夏を待つ(『文學界』2014年8月号)
    • 邪煙の充ちゆく(『文學界』2014年3月号)
    • 朧夜(『en-taxi』vol.38 SPRING 2013)
    • 酒と酒の合間に(『en-taxi』vol.40 Winter 2013)
    • 「貫多、激怒す――または『或る中年男の独言』」(『すばる』2014年1月号)
    • 「無銭横町」(『文學界』2015年1月号)

 

 

西村賢太がモーリーロバートソンにマジ切れ

 

西村賢太はTOKYO MXの「日本ダンディー」の

火曜日レギュラーを務めていました。

モーリー・ロバートソンと共演した際事件はおきました。モーリー・ロバートソンは西村賢太は顔が悪いから中国に入国できない?旨の話をしつこく行う。

顔がみるみる変化する西村氏、笑顔が消え顔が痙攣しています。マジ切れ。ダイヤモンド・ユカイが仲を取り持とうとするも時遅し。そのまま番組が終わってしまいます。

翌週2013年6月11日の放送時西村賢太の姿は画面にありませんでした。番組降板です。番組からの説明もなかったと記憶しています。

西村賢太はモーリー・ロバートソンに怒っただけでなく、日ごろからの同番組の段取り悪さに前々から降板を考えていたそうです。

関連記事

七尾市ふるさと納税返礼品「朝どれ刺身」もらうには寄付額や口コミは?

ガイアの夜明け出演の堀川一真(遺品整理師)の経歴や資格は?

藤春幸治「EPICUREオーナーシェフ」の食事制限メニューや経歴【ガイアの夜明け...

中澤優子は独身?カフェ経営やプロフィールと家具・家電ブランド

「宇宙葬」の銀河ステージの社長は誰?商品や価格!墓不足の解決策

「ガイアの夜明け」放送浅草の商業施設「まるごとにっぽん」の戦略会議