麻実れいは元宝塚雪組トップスターで今現在は舞台女優!代表作を紹介


スポンサーリンク

こんにちは。

8月26日(金)の徹子の部屋では元宝塚雪組トップスターの麻実れいがゲストです。

麻実れいは1968年3月、東京家政学院高等学校卒業。同年4月、宝塚音楽学校入学に入学しました。

小柳ルミ子(当時は夏川るみ)は同期です。

 

麻実れいの今現在

 

梅田芸術劇場所属女優として活動されています。

うめだげいじゅつげきじょう

梅田芸術劇場は旧名称

劇場・飛天
梅田コマ劇場です。

所属アーティスト

 

麻実れい

朝海ひかる

湖月わたる

春野寿美礼 *専属契約アーティスト

樹里咲穂

星奈優里

野々すみ花

則松亜海

ダニエル・カトナー

 

メインホールとシアター・ドラマシティの2つの劇場を運営し、ミュージカルや宝塚歌劇などの自主公演を行うとともに、演劇・コンサート・ミュージカルなどの多彩な公演を招聘しています。
また宝塚歌劇団出身の所属アーティストのマネジメント業務もあわせて展開しています。

 

スポンサーリンク

 

麻実れいの経歴

芸名:麻実れい(あさみれい)

本名:信元 孝子(のぶもと たかこ)

生年月日:1950年3月11日(66歳)

出生地:東京都千代田区

身長:172cm

 

1995年7月に曙ブレーキ工業株式会社の会長

信元久隆と結婚。

 

1970年:宝塚歌劇団入団

雪組公演『四季の踊り絵巻/ハロー!タカラヅカ』で初舞台を踏み、翌年3月8日、星組に配属。入団時の成績は70人中35位。成績はちょうど真ん中です。

1971年:星組に配属

1972年:雪組に異動

1975年、入団6年目にして『ベルサイユのばら-アンドレとオスカル-』でアンドレ役に抜擢され、美貌の長身男役スターとして人気を博す。後に二番手男役スターに昇格し、翌1976年には『星影の人』で土方歳三を、1977年には『あかねさす紫の花』で中大兄皇子を演じ、自身の代表作となった。

1978年、『風と共に去りぬ-スカーレット編-』にてレット・バトラーを演じ、人気を決定付ける。当時の雪組トップスター汀夏子には固定の相手役がおらず、二番手の麻実とよく組んでいた為「男役同士のコンビ」(汀談)と呼ばれた。

1980年:雪組トップスター就任

1985年:宝塚歌劇団退団

退団後は舞台女優として活躍。1995年にはタイトルロールを演じた『ハムレット』で10年ぶりに男役を演じ、第3回(1996年度)読売演劇大賞最優秀女優賞を受賞。その後2011年には『黒蜥蜴』で再び同賞を受賞しています。

 

麻実れいエピソード

長身でスリムなスタイルとノーブルでエキゾチックな容貌は、男役のために生まれてきたよう。宝塚時代はシルエットだけでもうっとりするカッコよさで、ファンのため息を誘った。しかし、宝塚を退団後は、女優になる気持ちは全くなかったそうです。

 

≪退団時は普通の仕事をしたかった≫

「私は男役の美学として、最高の時に降りたいと思ったので退団したの。当時は女優としての道も難しかったし、私は不器用で何をするにも時間がかかる。あと は普通の事務員さんになるつもりでいたの。それがミュージカル『シカゴ』のお話をいただいて。先輩の鳳蘭さんとご一緒だったので一度だけやってみようかと 入ったのが、今に至るのよ」

 

麻実れい代表作

●マクベス 「マクベス」(マクベス夫人役)

●シカゴ  「シカゴ」(ヴェルマ・ケリー役)

●「リトル・ナイト・ミュージック」「恋の三重奏」

●「十五才 -学校IVー」

●「桜の園」

●「冬のライオン」

●「トップガールズ」

 

スポンサーリンク

関連記事

稲波紀明、日本で一番最初に宇宙旅行を買った人物

リンリン(元モー娘。)の現在やプロフィール!結婚や旦那の事

トランス脂肪酸日本では表示義務なし!米では3年後禁止体への影響は?

秋山見学者(秋山大学)たけし軍団運転手の今現在は?ピザーラを経営!

小野寺瑞生スーパー中学生!清宮選手に続けスカウトも注目中です

高倉麻子(新なでしこ監督)の経歴や選手時代の実績や家族を紹介!