わらび座の歩み取締役会長小島克昭の手腕!クラウドファンディングの手法


スポンサーリンク

8月11日のカンブリア宮殿は

わらび座 取締役会長 小島克昭(こじま かつあき)さんが出演します。

北海道出身で1983年以来、わらび座の代表取締役を務める小島克昭氏は、「地域興しは、若者・馬鹿者・よそ者がやるとよく言われます」と笑うが、「足元を掘れ、そこに泉が湧く」と、秋田の地域資源に徹底的にこだわってきました。

そして、秋田の歴史性と現代性、地域性とグローバル普遍性をバランスした明確かつイノベーティブな経営姿勢ゆえに、小島氏はわらび座を90年代以降、一地方劇団に留まらない全国レベルの文化事業複合体へと発展させ得たのです。

わらび座は度どういう歩をしてきたか。

劇団としては、四季、宝塚歌劇団に次ぐきぼであるという「わらび座」に迫ります。

 

近年、芸術や芸能を用いた地域興しの試みが日本全国で活発に行われているが、そのパイオニア的存在として、年間延べ25万人もの集客に成功している劇団がある。「たざわこ芸術村」を展開する「わらび座」だ。演劇を軸とした地域おこしというには、凄すぎる規模です。

 

桜の名所で武家屋敷が有名な角館や、秘湯の宿として日本一の人気を誇る乳頭温泉鶴の湯からも程近い、自然豊かな旧田沢湖町(現在の仙北市)に、3万坪という広大な敷地を有するアートヴィレッジが存在する。それが「たざわこ芸術村」である。

劇団わらび座を運営主体とし、敷地内には「わらび劇場」(年250回公演)はもとより、温泉宿「温泉ゆぽぽ」、「森林工芸館」、「田沢湖ビール」のブルワリーやレストラン、(財)「民族芸術研究所」、「デジタルアートファクトリー」などなど、多様な施設が立ち並ぶ。

そして、約250人の社員が劇団部門・芸術村部門・管理部門に分かれて、運営に当たっている。

うーんこれは地方の劇団というにはその範疇を突き抜けたもの、

秋田地方の一大アミューズメント施設というべきものです。

 

≪3万に弱の町に年間25万人が訪れる≫

これは脅威

1997年に秋田新幹線が開通し、交通アクセスが改善されたとはいえ、このような山間部の小都市(人口約2万9千人)にありながら、年間延べ25万人もの人びとが訪れるというのには驚く

≪あくまで拠点は泉北市≫

創設以来60余年にわたり泉北市を拠点としつつも、2006年には愛媛県に「坊ちゃん劇場」もオープン。国内外で年間1200公演を行い、48万人を動員し、日本では劇団四季、宝塚歌劇団に次ぐ規模を誇っている。

≪わらび座倒産の危機≫

また、劇団員たちが全員同じ待遇で共同生活を送るという昔ながらのスタイルも、一方では高い帰属意識を生んでいたものの、他方では自己革新の気風を希薄化させていました。

地域社会の崩壊と、環境変化への対応力を失い硬直化したわらび座。あっという間に倒産寸前へと追い込まれ、団員が一挙に150人も辞めるという“危急存亡の秋”を迎えました。

そこに新社長として登場したのが、“イノベーター”小島克昭氏であった。わらび座で俳優として活躍し、俳優養成所の指導者を務めていた人物である。

 

スポンサーリンク

 

わらび座の歩

1951年 – 東京で誕生

1953年 – 秋田県仙北郡田沢湖町(現仙北市)に定着

1963年 – アジアにて初の海外公演

1971年 – 株式会社わらび座設立

1974年 – 「わらび劇場」完成

1989年 – 初の訪欧公演(フランス・イタリア・東ドイツ・ソ連)

1992年 – 「温泉ゆぽぽ」オープン

1995年 – わらび劇場でオリジナルミュージカル常設公演スタート

1996年 – わらび座のホームベースを「たざわこ芸術村」として本格スタート

1997年 – 初のアメリカ公演(ロサンゼルス、シアトルなど6都市)

1997年 – 秋田県初の地ビール・田沢湖ビールのブルワリーパブがオープン

1998年 – 長野オリンピック文化・芸術祭に記念作品「いのちの祝祭」で招待公演

2000年 – 冬の小劇場スタート

2006年 – 愛媛県東温市に坊っちゃん劇場オープン

2014年 – 4月より、「たざわこ芸術村」の名称を「あきた芸術村」に変更

 

わらびざ

クラウドファンディング・・・FAN AKITA

目標金額3000000円達成につき終了しました。

わらび座5,000円コース
・「ハルらんらん」チケット(1枚)
・「ハルらんらん」役者サイン入り写真(1枚)

■わらび座10,000円コース
・「ハルらんらん」チケット(ペア)
・「ハルらんらん」役者サイン入り写真(1枚)
・わらび座グループレストラン(お食事処ばっきゃ、田沢湖ビールレストラン、レストラン爺森)でのワンドリンクサービス券(1枚)

■わらび座20,000円コース
・「ハルらんらん」チケット(ペア)
・「ハルらんらん」役者サイン入り写真(1枚)
・田沢湖ビール「ハルらんらん」オリジナルラベルセット(330ml3本、桜の天然酵母使用)

■わらび座30,000円コース
・「ハルらんらん」チケット(ペア)
・「ハルらんらん」役者サイン入り写真(1枚)
・田沢湖ビール「ハルらんらん」オリジナルラベルセット(330ml3本、桜の天然酵母使用)
・エコニコ農園ブルーベリー(100gパック1個)
・「ハルらんらん」役者とのティータイム券(60分)

■わらび座50,000円コース
・「ハルらんらん」チケット(ペア)
・「ハルらんらん」役者サイン入り写真(1枚)
・田沢湖ビール「ハルらんらん」オリジナルラベルセット(330ml3本、桜の天然酵母使用)
・エコニコ農園ブルーベリー(100g1パック1個)
・「ハルらんらん」役者とのティータイム券(60分)
・わらび座グループホテル(温泉ゆぽぽ、ホテルきららか、奥羽山荘、ゆぽぽ山荘)宿泊10%割引券

いろんなリターンがあります。

 

わらび座オンラインショップ

 

 

スポンサーリンク

関連記事

船橋屋のくず餅の消費期限やカロリーや値段は?口コミも気になる

「カンブリア宮殿」で放送たこ満の品ぞろえおもてなし地域密着戦略とは

松本謙は経歴はどんな人?道の駅うつのみやろまんちっく村仕掛け人

鳥塚亮(とりづかあきら)いすみ鉄道社長の経歴や卒業大学や年収は?

二宮生憲(さくら住宅社長)の経歴や年商!どんな会社なのか?

河上祐隆(岡山工房社長)の経歴や店舗は!リエゾンプロジェクトとは?