『川本エゴマの会』(代表: 竹下禎彦)のエゴマ油の商品や通販は?


スポンサーリンク

11月11日(土)人生の楽園 テレビ朝日系列

島根県川本町『エゴマの会』代表竹下禎彦さんと妻の美智子さんが本日の主人公。

自然豊かな川本町の故郷でエゴマを栽培し、長年かけて町おこしを進めてきた竹下禎彦さん(77歳)と妻の美智子さん(78歳)が主人公です。
川本町出身の竹下禎彦さんは、まじめできっちりした性格。郵便局に勤め、配達などを担当していました。39歳の時、知人の紹介で知り合った養護教員の美智子さんと結婚。

 

竹下禎彦さん郵便局を早期退職する

50代で早期退職後、造園会社で働きながら両親の田畑を継ぎ、蕎麦や米などを栽培する兼業農家となりました。その背景にあったのは、時代の流れと共に、故郷の風景が様変わりしていったこと。かつては周囲に広がっていた豊かな田園風景が、休耕田となり荒れはじめたことに、禎彦さんは非常に心を痛めていたんです。

みなさんもそうですよね、自分の故郷が荒れ果てて行くって心が痛みます。

 

耕作放棄地にエゴマを植える

常々、田畑の有効活用について思いを巡らせていた禎彦さんが目を付けたのが「エゴマ」でした。
60歳を過ぎた頃、エゴマの種を手に入れ、独学で栽培を学び始めました。その後、地元の人たちにも「一緒に栽培しよう」と呼びかけ、仲間たちも加わり地域ぐるみでエゴマを育て始めます。

竹下禎彦さん川本エゴマの会を結成

 

結成されたのが「川本エゴマの会」。みんなで栽培について試行錯誤を繰り返しながら、

竹下禎彦さんは油を絞るために必要な機械を徐々に買い揃え、15年の間に絞り機・乾燥機・家の改装と進めていきました。最初は無関心だった美智子さんも、エゴマを通じて広がっていく交流に生きがいを感じ、今は全面協力しています。

ご夫婦が栽培するエゴマは、乾燥させた実を絞る「エゴマ油」や葉を乾燥させて「エゴマ茶」などに加工。油のビン詰めをし、ラベルはりをする際は、禎彦さんのきっちりした性格が出て、少しでもずれると貼り直し。大らかなタイプの美智子さんと喧嘩になる事も。逆にご夫婦の性格が真逆なのでうまく言ったのかも!

 

竹下禎彦さんエゴマ一筋15年で得たものは

竹下禎彦さんがエゴマに出会ってから15年。今や地域を巻き込み、川本町の堂々の特産品となったエゴマ。さらに美智子さんは、もっとエゴマを知ってもらおうと、自宅で新たなチャレンジも開始しました。秋は忙しい。
エゴマの実の収穫から脱穀、洗浄など、油製造に関わる様々な作業に追われるからです。

 

お二人は川本町長の推薦で第4回島根ナイスパートナーに選出され表彰されました。

島根県地域づくり(ナイスパートナー)第4回選出

【表彰理由】

エゴマ栽培の普及、加工品開発に夫婦で取り組み、エゴマ製品を川本町を代表する特産品に育て上げた。また、エゴマを通して川本町のPR及び活性化に大きく寄与している。

 

スポンサーリンク

 

竹下美智子氏

 夫・禎彦氏とともにエゴマ栽培に取り組み、エゴマを使ったクッキー、豆腐等の加工品を開発販売するなど、地域の特産品開発に努めてきた。安定した商品生産をするために、平成20年に加工グループ「エゴマの郷」を結成するなど、地域でのエゴマ料理の普及にも努めている。

また、田舎ツーリズムの取り組みとしてエゴマの油搾り体験、エゴマ料理づくり、農業体験などを取り入れ、積極的に活動している。

 

竹下禎彦氏

平成14年からエゴマの栽培に取り組み、生産者仲間の輪を広げ、「川本エゴマの会」を設立。川本町を全国でも有数のエゴマ産地に育てあげた。また、エゴマ油、煎りエゴマ、エゴマ豆腐等の加工品の開発にも取り組み、今ではエゴマ製品は川本町を代表する特産品となっている。

また、妻・美智子氏とともに田舎ツーリズムに積極的に取り組んでいる。

 

エゴマオイル通販

川本エゴマの会生産

無添加国産のエゴマオイルです。送料は別途です。

エゴマ油のエゴマというのは、大葉と似た葉をもったシソ科の植物のことをいいます。

 

 

またこのエゴマの種から得られる淡黄色の油をエゴマ油と言いわれており別名を「畑の青魚」とも言われています。

 

 

エゴマオイルは「しまねのちげもん」でも販売しています。

 

エゴマオイルの効用

エゴマ油には、aリノレン酸が多く含まれていますが、このaリノレン酸は身体にとって必要不可欠なオメガ3のうちの一つでもあります。

このaリノレン酸は摂取することで身体の中でEPA(エコサペンタエン)やDHA(ドコサヘキサエン酸)に変わります。

老化防止や認知症防止にも効果があるといわれています。

 

 

スポンサーリンク

関連記事

いなもくの場所や商品は?オーナーは安川早苗!うどん店も開店【人生の楽園】

こだま食堂(那須塩原市)は食券システムで復活!店舗アクセスやメニュー紹介【人生の...

藤田温彦の経歴は手作業農業を推進!飯山市ふるさと回帰支援センター講師

民宿まほろば(愛知県設楽町)宿泊料金や駐車場やアクセスは?【人生の楽園】

四季の味やまなか(小海町)のアクセスや営業時間や予算は?【人生の楽園】

高松市「ファーマーズカフェ菜」はお米と野菜に自信!メニューやアクセス!