岡部昭子(モナコ研究家)の会社やプロフィールは?出版や旅行企画も

  • 岡部昭子(モナコ研究家)の会社やプロフィールは?出版や旅行企画も はコメントを受け付けていません。

この記事は3分で読めます


スポンサーリンク

8月20日(日)「そこまで言って委員会」

読売テレビ 13:30~

岡部明子さんがゲスト出演します。

 

モナコ研究家ってやはりあの「モナコ」という国を研究してるひとです。

イタリア近くの本当に小さな国

日本人の知識ではF-1のグランプリとかってアメリカ女優であったお妃グレース・ケリーぐらいの知識しかありませんね。

岡部昭子さんの(モナコ研究家)の会社やプロフィールを紹介します。

 

 

スポンサーリンク

岡部昭子のプロフィール

岡部明子(おかべあきこ)

株式会社フレア 代表取締役

 

出身地:静岡県生まれ。
最終学歴:東京女子大学短期大学部英語学科卒業。
2年間をロサンゼルスに暮らす。キャラクターライセンスエージェンシーのパイオニア、ディターミンド・プロダクションK.K.にてキャラクターライセンスの経験を積む。
1997年からPRエージェンシー、株式会社ハウにてモナコ政府観光会議局のアカウントを担当。
マーケティング&セールスディレクターとして、モナコのPRとMICEを中心としたセールスプロモーション活動を手がける。
2011年9月には、マガジンハウスから「心を磨くグレース・ケリーの言葉」を出版。
この著書には

グレース・ケリーを直接知る人々の貴重なエピソードが満載

日本とモナコが正式な外交関係を結んだ2006年、グレース・ケリーの公式な展覧会が世界で初めて日本で開催されました。当時、モナコ政府観光会議局のマーケティング&セールスディレクターだった岡部昭子は、グレース公妃の子息である現モナコ大公・アルベール公と交流。

本書の中のグレース・ケリーの言葉は、アルベール公本人や親族、ハリウッド女優時代の友人、公妃時代の秘書まで、多くの関係者に直接取材した貴重な証言とともに紹介しています。文庫化にあたっては、「グレースとファッション」について書き下ろしました。

*オスカーを受賞した日、それは私の人生の中で、一番寂しい時間でした。

*私の人生は「おとぎ話のようだ」とよく言われるけれど、それじたいが「おとぎ話」だわ。

*幸せとは、自分の心に平和を感じることだと思います。

*気に入った洋服だけを買い、それを何年も着ます。
私は昔からの友達と同じように古い洋服にも忠実なのです。

*慎ましく、思いやりある人間だったと、みんなの記憶の中に残しておいてほしいのです

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

グレース・ケリーの言葉 その内なる美しさ (PHP文庫) [ 岡部昭子 ]
価格:712円(税込、送料無料) (2017/8/20時点)

 

 

株式会社フレア

〒106-0045
東京都港区麻布十番3-5-1
バルゴ麻布6F

Tel : 03-5765-6631
Fax : 03-5765-6632
E-mail: info@flairjapan.com

会社設立:2009年 4月

主要事業内容:
1.マーケティング、セールスプロモーション、
PRのコンサルティング
2.各種イベントの企画・制作・運営
3.海外、国内旅行の企画

 

1997年から10年、株式会社ハウにてモナコ政府観光会議局のマーケティング&セールスディレクターを務めた岡部昭子さんがが2009年4月に設立しました。

モナコの究極のラグジュアリーディスティネーションのPR、セールスプロモーションから得た経験や知識、人脈をフルに活用し、様々な手法でクライアントへのコンサルテーションを行います。

 

要するに岡部昭子さんがモナコの良さを日本の皆さんにプロモーションするための会社です。

特に日本の富裕層に向かっては年齢層別で分けた場合、シニア層からなる従来の富裕層と、30代から40代で弁護士や医者、IT企業経営者といった新しい若手の富裕層に分類できます。

岡部昭子によると、近年若手の需要は増加傾向にあるといい、例えば30代後半の旅行者が2000万円を費やしプライベートジェットを利用し、モナコでF1を楽しむといった旅行も出てきているとしています。

 

モナコといえばグレース・ケリー

  1. 1962年、アルフレッド・ヒッチコックはグレース・ケリーに映画『マーニー』の出演オファーをしていました。しかし、モナコの市民たちの批判や王妃としてのプレッシャーを感じてオファーを断ったそうです。
  2. 1982年、グレース・ケリーは自動車運転中に脳梗塞を発症、車は崖から転落してグレースは52歳で帰らぬ人となりました。イギリスダイアナ妃とよく比較されます。
  3. 女優として人気絶頂だった1956年、グレース・ケリーはモナコ公国の大公レーニエ3世と結婚、公妃となり女優業を引退しました。
  4. グレース・ケリーとモナコ大公レーニエ3世の結婚式がとりおこなわれる前、ケリー家は約2億円の持参金をプリンスに支払わなければならなかったそうです。

 

スポンサーリンク

 

 

[記事公開日]2017/08/20

  • 2017 08.20
  • 岡部昭子(モナコ研究家)の会社やプロフィールは?出版や旅行企画も はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

ブログ管理人 くまのすけ

ブログ管理人:くまのすけ
2015年からブログをはじめました。日々いろいろな気づきがあります。
ブログの題名は、比叡山大阿闍梨酒井雄哉師の言葉を拝借しました。

関連記事を厳選!




希望の党が負けた理由

希望の党が負けた理由

消えた芸能人・・・元オセロ【中島知子】

消えた芸能人・・・元オセロ【中島知子】

人気記事 戸田恵梨香なぜモテる!?

人気記事 戸田恵梨香なぜモテる!?

ブログランキング参加中、宜しければクリックお願いします。

ブログランキング

おすすめカテゴリー記事