Dr.kana(獣医師)の音楽活動や出身大学やバンド名と画像を紹介!


スポンサーリンク

7月30日(日)そこまで言って委員会

VTRで出演します。

現役獣医師Dr.kanaさんが話題になっています。

名前は非公開ながら、5人組のロック(パンク?)バンドを組んでいて、一般の人からはバンド活動が有名になっています。

 

音楽活動は少し過激

dr.kana(獣医師)さんは、獣医師と並行してロックバンドのジグヘッドバンシーズで音楽活動もされています。

kanaの意外なバックグラウンドに注目が集まっているよう。

現役の獣医師であるという点です。

6月10日に楽曲「Coming soon」のミュージックビデオを公開したら、問い合わせが殺到した。

フェイスブックには2500件を超えるメッセージが殺到したのです。

「映像には、白衣のDr.kanaが下着の過激なスタイルで挑発”カミング。カミング。」と挑発しています。

音楽関係者によりますと、日本よりもむしろオーストラリアやアメリカなど海外からの反響が大きいです。

 

問い合わせの中には、海外のイベンターからのオファーやレコード会社からの問い合わせもあるようです。

獣医師としての姿と下着姿という表と裏の顔の対比が面白く注目されています。

 

スポンサーリンク

 

『ジグヘッドバンシーズ』とは

1獣医+4覆面生物による、5匹組ロックバンド『ジグヘッドバンシーズ』

1獣医はDr.kana。

4体の覆面生物は、

現デザイナーでギターのchik-taxxxk(チクターク)
サウンドプロデューサーでギターのbeasT(ビースティ)
ベースのビッキー・ガブリエル
ドラムのアンドロメダ・ビーナス

である。

どうやら獣医師はDr.kana1人のみ。

 

史上初となる、バンドがボーカルをマネージメントする
謎のバンド として、2017年6月結成。

 

☆結成経緯☆
釣り好きのギターchik taxxxckが、
ジグに命を吹き込みたいと
ガラクタを集め覆面ジグヘッドを
裁縫しながら作成。

スージー&バンシーズが好きだったことから、
スージースーの近いイメージだったDr.kanaを
異業種交流会で2月にスカウト。
その後、俺のジグにならないか?とBeasT含む3体に声をかけ
ジグヘッド4体の収集に成功する。

2017年6月試験的結成、
youtubeで実験的に「Coming soon」というフレーズと共にDr.kanaのお色気映像と共にアップした所、
Dr.kanaのフェイスブックに3500を超える問い合わせが殺到し、
海外レーベルからオファーされたが、アカウントが停止。
世界で話題のロックバンドとして紹介される。(東京スポーツ)
しかし、曲は公開されておらず、謎めいていた。

 

社会問題として話題になっていた
「加計問題」の影響で、Dr.kanaへ獣医としてオファーが殺到。

Dr.kanaの出身大学

麻布大学獣医学部卒

都内施設で現役獣医師として勤務中です。

施設名は不明です。

 

スポンサーリンク

関連記事

高橋万太郎の店や通販サイトは?経歴は醤油ソムリエとはどんな資格?

西山耕一郎医師の大学や経歴!著書「肺炎がいやなら、のどを鍛えなさい」

藤田哲也(Mrトルネード)の経歴と業績アメリカで尊敬される理由

服部幸(猫専門獣医師)の病院はどこ?出身大学やプロフィールも!

谷井康人(和歌山みかん農家)の略歴やみかんジュースへのこだわり

岸田昌幸「どん底評論家」の経歴や家族は?なぜ会社が倒産した?