亀石倫子(かめいし・みちこ)弁護士の経歴や夫は?タトゥーとの関係!

  • 亀石倫子(かめいし・みちこ)弁護士の経歴や夫は?タトゥーとの関係! はコメントを受け付けていません。

この記事は4分で読めます


亀石倫子(かめいし・みちこ)弁護士の経歴や夫は

 

入れ墨判決9月27日大阪地裁 医療行為か否かが争点!!

大阪地裁で有罪判決、罰金15万円

被告側は即刻控訴しました。

スポンサーリンク

亀石倫子弁護士最近大阪近辺の事件でマスコミにもたびたび登場し、誰?あの美人は

と話題になっています。

最近夕方ニュース番組のコメンテーターにも登場しました。

テレビはやはり美人で、聡明でコメント力がある人を求めている。

ということでますます美人っていうか(美魔女)コメンテーターを求めている気がします。

亀石倫子弁護士について特にタトゥーという謎のキーワードについても調べました。

 

 

亀石倫子のプロフィール

 

名前:亀石倫子(かめいし みちこ)
職業:弁護士、大阪市にある「法律事務所エクラうめだ」の代表者
生年月日:1974年
出身地:北海道小樽市生まれ
出身大学:東京女子大英米文学科
最終学歴:大阪市立大法科大学院卒業
結婚歴:既婚者
子供:不明です
(日刊ゲンダイの取材では子供なしが濃厚?亀石弁護士には「既婚で夫がいる」と書いていたが、子供については記述していなかった)

経歴
・1974年、北海道生まれ。東京女子大英米文学科卒業後、会社員(NTTドコモ勤務)を経て、2005年に大阪市立大法科大学院に入学。

■2009年、大阪弁護士会に弁護士登録しました。

■刑事事件ほぼ専門の法律事務所である弁護士法人大阪パブリック法律事務所に入所。

最初に入所したのは刑事事件に特化した活動をしている大阪パブリックで多くを学ぼうと思い入りましたのが動機。そういった経緯もあって、当時は刑事事件ばかり受けていたそうです。
女性で刑事事件専門の弁護士は珍しいです。また文学部から弁護士このケースは比較的よくありますね。

6年間の在籍期間に担当した刑事事件は、200件以上にのぼります。

 

 

 

特に、病的窃盗癖(クレプトマニア)や性犯罪の弁護経験が豊富であるほか裁判員裁判の対象となる重大事件も20件以上担当しています。

大阪の老舗クラブが「無許可で客にダンスをさせた」として風営法違反で摘発された事件(無罪確定)など、メディアでも取り上げられた有名案件を担当しました。

2016年1月に独立。大阪市内で「法律事務所エクラうめだ」を開設。これまで培ってきた刑事弁護の経験とノウハウを生かしつつ、女性弁護士ならではの視点ときめ細かさを活かし、離婚や男女トラブルも数多く手掛ける。

現在は離婚や不倫の慰謝料請求などの家事事件や民事事件を中心に依頼をうけています。
大阪パブリック時代とは違い、今は女性一人で経営しているということもあり、家事・民事事件がメインですが、ほかの事務所の弁護士からの依頼などもあり、刑事事件も数件担当しています。刑事事件に特化しているわけではありません。

 

ビジュアルだけでなく、かなり出来る弁護士のようです。

 

重次直樹弁護士からの口コミ

亀石倫子弁護士は相当に高い能力を持っています。

主任弁護人の亀石倫子弁護士は,私と同じビルで法律事務所を開業しており(ジオグランデ梅田,大阪市北区茶屋町,梅田ロフト南隣),最近,ある民事事件に関連した協議で,面識が出来ました。

亀石弁護士は,刑事弁護という,国家権力,検察・警察権力を相手にする最も厳しい分野で鍛えられた弁護士です(刑事専門の大阪パブリック法律事務所の出身)。前記の民事事件に関連する協議でも,一晩で,過去の判例から重要ポイントを的確に指摘しており,相当に高い能力の方という印象を持っています。

スポンサーリンク

 

亀石倫子何故弁護士に?

亀石倫子は通信会社で会社員をしていた。入社当初から組織で働くのは向いていないと思い、3年ほど勤務して退社。
退社してから、夫が大阪に住んでいたので彼女も大阪に来ました。組織に所属しなくても個人でもできる仕事がしたいと思い、たまたま立ち寄った書店で司法試験のパンフレットを見つけたのが弁護士を目指したきっかけ。

大学は女子大の英文科で法学とは無縁だったので、司法試験の予備校にも通い勉強した。
そう簡単にはいかないもので1度目の試験は見事に不合格。
そこからロースクール制度が始まり、2年ほど通って改めて受けた。合格ラインのギリギリでまた落ちてしまいました。「3度目の正直」との覚悟で1年浪人して臨んだところ、合格した。

 

亀石倫子の主な担当事件

 

 

2014年 クラブ風営法違反事件(一審無罪)
2015年 GPS捜査違法事件(証拠排除決定)
2015年 クラブ風営法違反事件(控訴審無罪)
2016年 乳児傷害致死事件(無罪)

上記以外で弁護士法人大阪パブリック法律事務所では200件近い事件を扱っています。

非常に経験は豊かですね。

 

亀石倫子弁護士はタトゥー?

検索すると亀石倫子 タトゥーとでてきます。

え、まさか弁護士さんでタトゥーを入れている?

なのですが、コレには理由があって、亀石倫子弁護士はかって彫師の裁判に関わった。

亀石倫子弁護士がタトゥーを入れているのではありません。

と言い切ってしまいました。が入れていないと思います。

 

入れ墨は法律上医療行為に当たります。

なので、入れ墨を入れるには法律上医師の免許が必要であるのです。

大阪府の吹田市の彫師が訴えられた事件です。

亀石倫子弁護士はこの裁判で主任弁護人をつとめています。

 

「日本のタトゥー文化を守り、自由を取り戻すための闘い」彫り師が異例の「裁判」へ

「日本のタトゥー文化を守り、自由を取り戻すための闘い」彫り師が異例の「裁判」へ
画像はイメージです。事件とはいっさい関係ありません。

タトゥーは「医師法」にもとづき、医師しかできない――。そんなルールに疑問を抱いた彫り師の男性が「無罪」を訴え、刑事裁判にのぞんでいる。大阪府吹田市の彫り師、増田太輝さんだ。

女性3人にタトゥーを入れたことが医師法に違反するとして、昨年9月に簡易裁判所から罰金30万円の略式命令を受けたが、納得できなかったため、正式裁判を申し立てた。

 

昨年末から大阪地裁で公判に向けた準備が進んでいるが、「タトゥーは医師が行わなければいけない」というルールを知っている人は、どれだけいるだろうか。

 

ルールの根拠とされているのが、厚生労働省が2001年に各都道府県にあてて出した『医師免許を有しない者による脱毛行為等の取扱いについて』という通知だ。

 

この通知の中では、「医師免許を有しない者が業として行えば、医師法17条に違反する」行為の一つとして、「色素を入れる行為」があげられている。

つまり、タトゥーも「色素を入れる行為」だから「医業」にあたり、医師しか行うことができないと考えられているのだ。

 

今回も検察は、医師免許をもたずにタトゥーを彫っていた増田さんの行為が、「医師でなければ、医業をなしてはならない」と定めた医師法17条に違反すると解釈している。だが、その「解釈」は本当に正しいのだろうか。そんな問題を提起するのが、この裁判だ。

なぜ増田さんは、法廷で戦うことを選んだのか。裁判で主任弁護人をつとめる亀石倫子弁護士に聞いた。

出典:https://www.bengo4.com/c_1009/n_4204/

 

2017年9月27日判決

医師免許がないのに入れ墨(タトゥー)を客に施したとして医師法違反罪に問われた大阪府内の彫り師、増田太輝被告(29)に対する判決が27日、大阪地裁で言い渡される。入れ墨が医業(医療行為)に当たるかどうかが最大の争点で、刑法の専門家からは「医療と関連づけるのは拡大解釈では」と疑問視する声が上がる。彫り師仲間が法整備を求める活動も始まった。
入れ墨を施す行為は戦前の「警察犯処罰令」で禁止されていたが、1948年に廃止された。その後、入れ墨禁止の明文規定はなく、長年容認されてきたもの。
厚生労働省が2001年、針で眉などを描くアートメークで健康被害が出たことを受け、「針で色素を付ける行為は医療に当たる」と通達。2010年ごろから医師法違反による摘発が始まったのです。

 

亀石倫子出演番組

関西テレビ報道ランナーに出演しています。

 

まとめ

離婚裁判なども手がけられています。

管理人に何かあればお願いします。

 

スポンサーリンク

[記事公開日]2017/05/10

[最終更新日]2017/09/27

  • 2017 05.10
  • 亀石倫子(かめいし・みちこ)弁護士の経歴や夫は?タトゥーとの関係! はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

ブログ管理人 くまのすけ

ブログ管理人:くまのすけ
2015年からブログをはじめました。日々いろいろな気づきがあります。
ブログの題名は、比叡山大阿闍梨酒井雄哉師の言葉を拝借しました。

関連記事を厳選!




希望の党が負けた理由

希望の党が負けた理由

消えた芸能人・・・元オセロ【中島知子】

消えた芸能人・・・元オセロ【中島知子】

人気記事 戸田恵梨香なぜモテる!?

人気記事 戸田恵梨香なぜモテる!?

ブログランキング参加中、宜しければクリックお願いします。

ブログランキング

おすすめカテゴリー記事