しばれフェスティバル「人間耐寒テスト」のルールや参加人数や開催場所?


スポンサーリンク

しばれフェスティバル「人間耐寒テスト」

「忍24時」

2017年3月29日(水)  19時00分~20時54分 日テレ系列で放送されます。

真冬(1月)の平均気温・平均最低気温が全国のアメダス(富士山を除く)では最も低く、町内の関地区では-40度を下回り計測不能となったこともある名実ともに「日本一寒い町」であり続ける陸別町。

この陸別町で開かれる「しばれフェスティバル」の人間耐寒テストを紹介します。

いやそんな寒いところによりにもよって1晩過ごす人がいるの?と思います。

「しばれフェスティバル」は、その寒さをめいっぱい楽しもうとスタートし、今年で36回目。今や全国から参加者が集う熱いイベントに成長しました。

 

「しばれフェスティバル」の中でも、全国からチャレンジャーが集う目玉イベントが「人間耐寒テスト」。ルールは簡単、21時の開会式から翌朝7時までの間、「しばれフェスティバル」の会場内で過ごすだけ。

4000円の参加費を払って寒い部屋に泊まる。

物好きといえば言えなくないです。

 

しかし、宿泊場所は-20度の氷のかまくら『バルーンマンション』。

火気・暖房器具は使用禁止。もちろん暖房入れてどうするの!

でも最近はいいウエアがあるので、まずダウンは必須でしょう。

挑戦者に唯一許される暖は『命の火』という巨大なファイヤーストームのみ。逃げ出さず、無事朝を迎えられた者だけが認定証を手に出来ます。

 

【しばれフェスティバル来場者は】

耐寒テストに参加しない一般の来場者向けに、ライブステージや花火大会、乗馬体験など、ご家族みんなで楽しめるアクティビティもいっぱい。過酷なイベントにもかかわらず、年々リピーターも増え、昨年は、人間耐寒テストには282名が参加し、総来場者数は約12,000名でした。

【開催場所】

 

北海道足寄郡陸別町ウエンベツ

(0156)27-3990

メール:shibarefes@gmail.com
2017年は終了しています。

2月4日(土)18:00~21:00(人間耐寒テストは21:00から※要事前予約)
2月5日(日)9:30~14:00(人間耐寒テストは7:00まで、認定証授与式が行われます)

2月第1土曜日、日曜日

女満別空港から約1時間

人間耐寒テスト/参加300名予定。
参加料金:4,000円(1食付き・朝風呂・保険料含む)
参加申込に関しては、完全事前予約制で12月中旬頃、受付予定。
(詳細は決まり次第HP等にて公開)応募者多数の場合は抽選となります。

スポンサーリンク

 

関連記事

NO IMAGE

阿闍梨餅が水曜定休になった理由は?価格や店舗や通販は?

NO IMAGE

2017年長刀鉾のお稚児決定!林賢人君!費用負担や女人禁制のこと

大涌谷復活黒たまご&黒ソフトはいつから?GWの混み具合いや販売所はどこ?