伊藤素子(三和銀行オンライン詐欺)の事件のあらまし貢いだ相手は南敏之!

  • 伊藤素子(三和銀行オンライン詐欺)の事件のあらまし貢いだ相手は南敏之! はコメントを受け付けていません。

この記事は3分で読めます


スポンサーリンク

1981年旧三和銀行伊藤素子は合計1億3千万を横領した。

 

三和銀行オンライン詐欺事件(さんわぎんこうオンラインさぎじけん)とは、1981年(昭和56年)3月25日に三和銀行茨木支店(現・三菱東京UFJ銀行茨木支店)の女性行員が、同支店のオンライン端末を不正操作して起こした巨額横領・詐欺事件である。

オンライン端末を不正操作は1981年当時は誰も思いつたものではなく国民は衝撃を受けました。

 

事件のあらましは

1981年(昭和56年)3月25日、当時大阪府茨木市の三和銀行(後のUFJ銀行、現・三菱東京UFJ銀行)茨木支店に勤務していた女性行員・伊藤素子が開店とほぼ同時に、同支店のコンピュータ端末からオンラインで三和銀行の大阪(吹田支店、豊中支店)と東京(新橋支店、虎ノ門支店)の計4支店に開いた架空名義の口座へ、合計1億8000万円の架空入金を行った。

 

その後、伊藤素子は歯痛を理由に午前10時30分で早退して、吹田、豊中の両支店で架空入金した金の一部を引き出した後に伊丹空港から飛行機で東京へ向かい、更に新橋、虎ノ門の両支店でも現金を引き出した。

現金5000万円と小切手8000万円相当の合計1億3000万円を詐取した女性行員はその全額を都内で実業家の男性(既婚者。以下、恋人)に渡し、引き出し損なった1冊の預金通帳と恋人から渡された現金500万円を持ち、そのまま羽田空港から台北、香港経由でフィリピンの首都マニラへ逃亡した。

しかし恋人は海外へは行かず、渡された金を使って日本で家族と豪遊していた。

 

容疑者伊藤素子は国際指名手配され逮捕される

そして同年9月5日、巨額横領の事実が新聞各社で報道された事で、この事件がようやく世間の目に触れることとなった。伊藤素子は国際指名手配され、9月8日昼にマニラ入国管理局に身柄を拘束された。その後、日本への強制送還中に飛行機が公海に入った所で私文書偽造及び同行使詐欺と外国為替及び外国貿易管理法違反の容疑で付き添っていた大阪府警の捜査員に逮捕された。

 

成田空港に到着したのは9月10日夜であったため、伊藤素子は成田国際空港警察署で一夜を過ごし、翌11日に飛行機で成田から大阪へ連行され、管轄の茨木警察署に送還された。また、日本国内にいた恋人も9月8日に大阪府警に逮捕された。

1982年(昭和57年)7月27日、大阪地方裁判所にて伊藤素子に懲役2年6月、恋人の南敏之には懲役5年の実刑判決が言い渡された。

スポンサーリンク

南敏之はどんな男

伊藤素子が初めて男性と関係を持ったのは20歳の時。

相手は銀行に出入りする関係会社のサラリーマンA(当時29歳)でした。

しかし半年後、伊藤はAに妻子がいることを知る。だが伊藤はAと別れることは無かったのです。

「(処女を捧げてしまった)この人を失ったら、もう正式な結婚なんかできない」。

本当に不倫相手に一途でした。今の世の中ならゲス不倫と一蹴される出来事です。

 

今から考えればあり得ないことですが、当時の伊藤は不倫よりも処女性を重視しました。

処女を捧げた人だからと。

その後「離婚する」というAの言葉を信じ、2度の中絶をも承諾した。
Aとの関係はその後12年間にも及ぶのだが、そんな伊藤素子の前に現れたのが南敏之でした。

JC(青年会議所)メンバーで旅行代理店を経営する南は、最初から妻子がいることを公言し、高級レストランで伊藤を口説きました。

煮え切らないAとの不倫でボロボロになっていた伊藤にとって、南の態度は「男らしい」と斬新にうつりました。

しかも南は185センチの長身で超ハンサム。

「中学時代から夢にまで見た理想の男性」が目の前に現れたのです。

愛車のキャデラックに乗り、服装など身の回りの物もブランドで固め、財布には常に20~30万円入っていました。

「青年実業家といったタイプで、小遣いも派手に使う。そんなところが好き」。伊藤はすぐに夢中になった。セックスも「自分の体が怖くなる」ほどでした。
だが伊藤素子がお金持ちと信じていた南敏之は、実際には代理店の経営に行き詰まり金策に走り回っている状況だったのです。

肉体関係ができてたった2週間後、南敏之は10万円の借金を伊藤に持ちかけている。伊藤素子はこれを了承した。すぐに返してもらえると思ったからだ。その後も30万円、50万円とさまざまな理由をつけ借金をせがむ南に、伊藤はお金を渡し続けました。

キャッシュカードまで預けたこともあった。お金を無心するのは必ずホテルのベッドの中だったといいます。
しかし次第に伊藤素子は不安になります。

元来「家族でも金銭的には他人」という金銭感覚を持つ伊藤である。だが南敏行は、「まとまった金が入る」など、その都度甘言を弄して伊藤から金を巻き上げていきました。

そして伊藤の預金がゼロに近づく頃、ついに南は銀行のオンライン詐欺を伊藤に持ちかけるのだ。当初は頑なに拒否していた伊藤だったが、南は「2人でマニラに行って日本料理屋でも開いて暮らそう」と必死に説得。

それでも決心の付かない伊藤に、南は脅しまでかけている。「裏の人間が動いているから引き返せない」「俺が殺されてもいいのか」

という南敏之のたわごとに伊藤素子は負けたのです。

2年後の昭和59年8月、伊藤は模範囚として仮出所し、1990年には事件のことを承知しているというサラリーマンと結婚したという。

 

こんな記事も!

籠池町浪(かごいけちなみ)の経歴や大学は!塚本幼稚園教頭で美人!

スポンサーリンク

[記事公開日]2017/03/15

  • 2017 03.15
  • 伊藤素子(三和銀行オンライン詐欺)の事件のあらまし貢いだ相手は南敏之! はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

ブログ管理人 くまのすけ

ブログ管理人:くまのすけ
2015年からブログをはじめました。日々いろいろな気づきがあります。
ブログの題名は、比叡山大阿闍梨酒井雄哉師の言葉を拝借しました。

関連記事を厳選!

消えた芸能人・・・元オセロ【中島知子】

消えた芸能人・・・元オセロ【中島知子】

ブログランキング参加中、宜しければクリックお願いします。

ブログランキング

おすすめカテゴリー記事

人気記事 在宅主婦の味方!Webライターの仕事の見つけ方は?ランサーズとクラウドワークスを紹介!

人気記事 在宅主婦の味方!Webライターの仕事の見つけ方は?ランサーズとクラウドワークスを紹介!