小林凛はランドセル俳人と呼ばれる!俳句や経歴!いじめで不登校中

この記事は2分で読めます


スポンサーリンク

こんにちは。

くまのすけです。
ハートネットTV「小さな命へのまなざし 14歳の俳人 小林凜」

2016年12月14日(水) 20時00分~20時30分 NHK Eテレ

小林凛くん(俳人)が出演します。

いじめにより不登校になり

中学生だが昨年の6月から学校には行かず、家庭学習を

続けている少年。理由は命の危険を感じるから。

大阪府に暮らす小林さんは5歳から俳句を詠み始め、全国新聞の俳壇で何度も入選。

 

2010年に朝日新聞の俳句コーナー「朝日俳壇」に初入選し、その後、何度も入選を繰り返している俳人・小林凛(りん)くん(14・本名・西村凛太郎)だ。彼は、大阪で母・史(ふみ)さん、祖母・郁子さんと3人で暮らす中学生。

身のまわりの自然や、小さな生き物を優しいまなざしで切り取った俳句は、高い評価を受けている。これまでに詠んだ句は800に上り、2年前、2冊目の著作も出版された。

 

小林くんは生まれたとき、一般的な赤ちゃんの3分の1ほどの944グラムで生まれた。

医師から「命がもつかわからない」と言われたが、命の危機を脱し成長していった。

そして、文字を覚え始めた5歳のとき、五七五のリズムを使って突然、表現するようになったという。

芽生えは非常にはやかった。

 

スポンサーリンク

 

【小学生で1年休学】

6歳。凛くんは小学校に入学。しかし体は小さく、脚力や腕力が弱かったため壮絶ないじめを受ける。

史さんは何度も学校と話し合いをしたが状況は変わらかった。

ついに、5年生の1年間を学校に行かせないようにしようと決める。学校へのあきらめもあったが、後ろから足首をつかんで転ばせようとする、階段で体をぶつけてくるなど、エスカレートしていくいじめに”命の危険”を感じたからだった。

いじめはなくならないです。

 

それはわかっているのですが、管理人は不毛を感じます。

いじめている人あなた達は本当に楽しいのですか?人として恥ずかしくない?

 

【休学が凛くんに俳句魂を】

「俳句という部屋にこもれば、さすがに邪悪なエネルギーは入ってこれない」と、凛くんは考えるようになる。

この休学は幸いにも、凛くんの俳句の世界を広げるという結果を生んだ。郁子さんとよく散歩に出かけるようになり、たくさんの題材や季語のもとになるものに出会った。

散歩のときに感じた景色やふとした出来事が題材になったのです。

 

凛くんが朝日歌壇で入選した句

《紅葉で 神が染めたる 天地かな》(9歳)

 

《ゆっくりと 花びらになる ちょうちょかな》(9歳)

《子すずめや 舌切られるな 冬の空》(7歳)

《いじめられ 行きたし行けぬ 春の雨》(?歳)

《成虫に なれず無念の かぶと虫》(10歳)

《かき氷 含めば青き 海となる》(11歳)

 

小林凛太郎のプロフィール

生年:2001年5月生まれ

現在中学3年生であるが不登校の日々

2013年に『ランドセルの俳人の五・七・五~いじめられ行きたし行けぬ春の雨』

2014年『冬の薔薇立ち向かうこと恐れずに』

にをブックマン社から出版する。

 

スポンサーリンク

 

 

 

[記事公開日]2016/12/14

[最終更新日]2016/12/15

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ブログ管理人 くまのすけ

ブログ管理人:くまのすけ
2015年からブログをはじめました。日々いろいろな気づきがあります。
ブログの題名は、比叡山大阿闍梨酒井雄哉師の言葉を拝借しました。

関連記事を厳選!

消えた芸能人・・・元オセロ【中島知子】

消えた芸能人・・・元オセロ【中島知子】

ブログランキング参加中、宜しければクリックお願いします。

ブログランキング

おすすめカテゴリー記事

人気記事 在宅主婦の味方!Webライターの仕事の見つけ方は?ランサーズとクラウドワークスを紹介!

人気記事 在宅主婦の味方!Webライターの仕事の見つけ方は?ランサーズとクラウドワークスを紹介!